CyberAgent社(東京都渋谷区)お手本になりますね

事業展開って、こんな風にやるんだなあ、商品企画力も必要なんだなあ、会社ってこうやって利益を上げているんだ、などなど、わたくしは現在、高熱でうなされながらも、面白おかしく拝見いたしました。最初は、この企業も、周囲には理解されなかったと思いますよ。お年寄りから「お前は何屋さんなんだ」って具合にね。なるほどなあ……ゲーム屋さんのようでいて、それだけじゃなく、ブログ屋さんなのかと思えば、意外な事業展開をなされている。中には「その発想、おじさんにはなかったよ!」というのもあり、しげしげと眺めまわして「よし、競合しないようにしよう(笑)」と思った次第です。何をするにしても、創業する/しないに関わらず、こういう、どういうんでしょうね。うーん、事業の舞台裏を経営の目で見てみると、また違った発見があるというものです。そして、この会社に限らず「よし、いっちょやったるか!」という元気をもらえるものです。ともすれば、近畿地方は特に「現物を現金取引することに慣れておられる」場合があり、逆に言えば「形のないものに、カネは払えるか」とお考えになられる方も多いのです。

翻って、うちは何屋さんなんだろう。従来型のSIerでもない。従来型の商社というわけでもなく、技術屋集団なのですが……。いまイメージしているのが「パソコンのJAF」だったり「パソコンのオートバックス」のようなもので、まず救援に行く。診断して手に負える故障ならば直す。手に負えなければ、それこそレッカー車じゃないですが、牽引して協力会社にあとはお任せする。そして、それのみならず、自ら売ることも考えています。ただ、いきなりハードウェアのリセラーになるのは無理なので、コミットできるところからかかわって行こう。つまらない故障やトラブルで、ミッドビジネスが停滞することは当方の本望ではなく、むしろ、情報技術のかかりつけ医、臨時の社内SE代行ぐらいの矜持を持っていればいいのかな、という気は、現在しています。はい。がんばります。とりあえず、今週は、ヘビーな風邪を治すことです。3年振りに、38.5℃の熱を出しましたからね。幾ら気をつけていても、風邪って引くものですね。いい加減にして寝ます。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。私たちはネットウイングスです。