この本を読めば、インターネットが「どうやって」つながるのかが、よーくわかります

まあ、機材と回線を用意して、物理的につないで、書いてある設定をしさえすれば、確かにド素人でもインターネットにつなげることが出来るのですが、じゃあ、なんで、どうやってつながるの? という原理や理論が、このシリーズでよく分かります。わたくしは、2000年春に、これの第3版を購入したのですが、これを見ると、実は、おっきなパケット通信だった、ということが、まず明らかになってきます。IPv6 編も持っているのですが、そろそろ新しくしたいですね。

これは、ドメインネームサービス(DNS)の仕組みを、基礎から易しく解説している書籍です。多少情報が古く、ちっとも最新ではないのですが、BIND(バインドというサービス)が、今でもサーバーで動いているので、なんでURLを入れると、IPアドレスになるのか。どういう仕組みで、機械に分かるアドレスに変換してくれるのか。また、その逆が出来るのかを、易しく図示してくれています。オライリーの、もっと本格的な、分厚い本もあるのですが、これはハンドブックなので、出先で設定したい場合に、すごく役に立ちます。

普段、何気なく「スマフォ」だとか「LINE」だとか「シェア」だとか「リンク」だとか使っているのですが、時に「インターネットとは?」という部分を見つめなおすことも、大切なんじゃないのかな、という気はしていますね。

ネットウイングス 設立準備室 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市武庫地区を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。パソコン教室、パソコンレスキューもお気軽にお問い合わせください。