事業計画書のたたき台となる部分が(概ね)出来ました

これは、あまり大っぴらにできないものなのですが、遠くから撮影したものを掲載します。これ、何度でも書き直すことがあるので、このままストレートにOKが出るとは思えませんが(苦笑)なんとか、思っている通りのこと。お客さんがこういうニーズで、こういうお困りごとがある、採算については、専門家と相談した上で決めますが、だいたい書けました。概ね、こんな感じで進んでいくんじゃないのかな、と思っていますよ。

小物販売、雑貨販売、飲食店などの「仕入れ→原価計算→儲け」というストレートな図式にしづらい事業ですので、これは、専門家に何度もアタックして、できるものなのでしょうね。そして、仮に事業を進めていく間にも、事業計画の見直しというものは不可避であり、何度も改めていくべき種類のものなのでしょうね。まあ、うちは最低でも「兵庫県初」のビジネスモデルをご提出し、それをご理解いただけるようにしていかないといけないのですけどもね。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。近畿初のセキュリティ専業会社を立ち上げる、それが目標です。