営利企業なので、営利を目的とはしているのですが

確かに、営利企業なので、営利を目的としてはいるのですが、そこに必要性(ニーズ)と求められること(ウォンツ)がないといけませんし、何より「ネットウイングスの志や良し!」とお客様に認めていただける商品企画・サービスづくりを目指していかないといけませんね。

無理やり、パソコン・ネットワーク・サポートなどを、強引につかませることは、創業者の本意ではありません。そうしてものを納めれば、おカネにはなるのですが、それでは、お客様の共感が得られない。「二度と買うものか!」となってしまいます。まっとうな商いをして、まっとうな役務をご提供する「第五次産業」ですので、よくよく考えないといけませんね。そして、時代の要請に応じて、常に変わり続けなければならないと思うのです。会社のありよう、代表者の姿勢、販売方法、マーケティング戦略(戦略というと、いやらしく聞こえるのですが)などなどですねえ。

うーん、千葉県立千葉商業高校の、情報処理科を出ておけばよかったかな(苦笑)でも千葉県立千葉工業高等学校の、情報技術科でないと、解決できないことも多いのです。(その後も、さまざまなところで、さまざまなセミナーを受けているのですが)

テクニカル的なことが先走ると、資金繰りがショートして、モノづくり、商品提供どころではなくなるし、コマース的なことが先走ると、資金繰りが一見順調そうに見えても、今度は売る商品ができなくなってしまいます。いずれも、等分に重要であり、「売ってくる営業が偉いんだ」「いや、技術が偉いんだ」と内紛し、同士討ちになってしまってはいけませんね。エネルギーの無駄遣いであり、そういった企業を、幾つも見てきた経験があるのです。

いやあ、いろいろ考えさせられた一日でした。まだまだ、死ぬまで考え続けるのでしょうね。経営者が、思考停止に陥っては、たぶん良い事にはつながっていかないのでしょうね。まだ、コマース的な部分は、充分によく解りませんが。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。近畿初のセキュリティ専業会社を立ち上げる、それが目標です。