北九州市立守恒小学校のころ

なぜ、小学校の紹介に「北九州女子短期大学」なのか。ここの跡地が、後の新設校「北九州市立守恒小学校」の建設に使われたからです。そして、この小学校の不思議だったことは、なぜか、小学校のくせに「購買」があり、今から思えば、たぶん女子短大の購買の中年女性の失業救済だったのかも知れませんが、とにかく購買部があったのです。パンとかは置いてなくて、何ということはない、学校の1階の倉庫にでもなっていそうな扉の部分に、その「購買」があり、小学生がわらわらと買いに来ていました。小学校なのだから「じゆうちょう」「さんすう」などのノートや鉛筆が置いてあることは分かるのですが、女子短大時代の在庫処分だったのでしょうか、なぜか、リリアン編みだとか、紙せっけんだとかが置いてあり、ちょっと少女趣味の不思議な小学校でした。昭和51年のお話です。まだ星和台が守恒と呼ばれていたころのお話です。道には、にしてつ北方線(きたがたせん)という路面電車が、ひしめく車にまぎれて走っていたころのお話です。モノレールないです。今ではきれいな紫川が、子供心に下水構か何かか? と思しき汚染度合いだったころのお話です。

小倉祇園太鼓の音色は忘れても、肩車されて観た景色は、今でも忘れてはいませんよ。

ネットウイングス 設立準備室 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。私たちはネットウイングスです。