富里市立日吉台小学校・富里北中学校のころ

なぜか、Wikipediaから抹消されているのですが、そこんところはまあ気にしない方向で。

当時は、千葉県印旛郡富里村だったのですが、急激な人口流入のために、2年置きぐらいに、町制施行、そして、市制施行に至った、人口約8万人ぐらいの「成田市の植民地」でした。それはもう、日吉倉に至っては、すいかとピーナッツぐらいしか採れない、たいへんのどかな佇まい。農家の子が、給食にきゅうりの浅漬けを持ってくる。それぐらいのどか。ニュータウンには空き地がいっぱい。小学校では、持って来てはいけない「ゲームウォッチ」(任天堂)があり、なんてことはない液晶ゲームで、たまごっち以下の性能だったのですが、みんなでコッソリ校舎裏で楽しんでいました。もともと僕自身、壁新聞が好きで、広報委員会に所属していました。本当は文系なはずなんだけど、親戚などの影響で、なぜか今でもしつこくコンピュータなどをやっています。

この中学校も、日吉台ニュータウン造成にあたっての新設校です。独特のオシャンティーな建物ですよねえ、いま見返しても。体育館だけでも当時の価格で8億円かけたという気合の入れっぷり。富士建興産が造成した「第二の田園調布を目指す日吉台ニュータウン」は、石川島播磨重工業製の真空ごみ輸送装置があり、キーを緑色の箱に突っ込んで、ダストシュートのようなものに生ごみをごそっと入れるのですが、まあ一度捨てたら、取り返しがつかないという代物でした。また、ごみを出しに行っても、キーを忘れたがために、ごみが捨てられない、団地の近所に集積場があり、常に酸っぱい臭いを放っているなどの影響がありました。今はどうなんでしょうかねえ。

ネットウイングス 設立準備室 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。近畿初のセキュリティ専業会社を立ち上げる、それが目標です。