この歳になるとね、SAP導入エンジニアのお話がよく来るんですよ

SAP(エスエーピー、ドイツ・デュッセルドルフにあるヨーロッパ最大級のソフトウェア企業)というところが出しているソフトは、なんでも、ヒトを除くモノカネの流れに特化したものでして、そいつが設定できれば、結構もらえるんですが、まあ、資格試験はどこよりも高いし、書籍もデータも全然出回っていないので、設定の覚えようがない。まあ、概念だけは分かるのですが。

ここは上手なドキュメントを作りますね。よーくわかります。でもですね、Azure だって、Oracleだってあるんだから、視野を広く持ちましょうね。これ、保守に手間取って、なかなか「社長様のコックピット」のようには、容易くはならないのです。こまめなバージョンアップ作業、オンプレからクラウドへのリプレイス作業。その他、これを安全に動かすこと、このデータを欠落させないようにバックアップを取るには、テープドライブないしは大きなNASが必要です。まあ、おカネはかかりますけどもね、いい商品だとは思うんですが、マイクロソフト・パートナーネットワーク参画企業としての立場上、ようお勧めせんのです。まだ法人格はないのですが。

ほらね、こういうのもあったりするんです。天下のマイクロソフトさんで。あとは、Oracleさん。

「ERPには3種類以上はあって、必ずしもSAPにこだわらなくても同等の機能が得られます」それがネットウイングスの答えです。やってやれなくはないし、むしろ楽勝なのですが、最近では、ヒトとヒトが繋がる、ワクワクする、そういうことでビジネスが出来ねえかなあ、と考えているところなので、あまり興味がありません。腐ってもインフラ系SEなので、SAPの設定と運用は、やってやれなくはないですけどもね(・∀・)ノ

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でいたい。中小企業のお困りごとを解決します。情報技術の心療内科、私たちはネットウイングスです。