ESET Internet Security 10 の「信頼するゾーン」の設定


規則がやかましくなってきた、セキュリティソフト ESET ですが、具体的な図をお見せする訳にはいかないので、設定方法のみをお知らせしておきます。

(例)ローカルがクラスC(CIDRで言えば、サブネットマスクの重みが/24の場合))

ESETの中の「設定」→「ネットワーク保護」→「IDS」の中の歯車アイコン→「信頼するゾーン」(LAN部分)を、例えば、192.168.3.1、255.255.255.0だった場合

192.168.3.0/24

と設定してあげれば、いちいち「接続が危険です」とか言われなくなり、「信頼するゾーン」と見做されます。そして、Windows ファイルとプリンタの共有に差しさわりがなくなります。

また、学習モードを終える日付を指定することが出来、いついつまでに使ったアプリケーションソフトによるパケット通過を認めるか、を指定することができます。また、予定を早めてポートを閉じることも、予定を遅めてポートを延長して開けることもできます。これらは1台1台のコンピュータで管理していかなければならないので、少数でもとてもしんどいお話です。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市武庫地区を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。パソコン教室、パソコンレスキューもお気軽にお問い合わせください。