Windows 8.1/10 の BitLocer コンピュータシステムの暗号化

これは、ぶっちゃけ、最近の技術です。USBスティックを持った人でないと、そのコンピュータが扱えない、という一種の暗号化です。物騒な世の中なので、そういった発想もできます。しかし、弱点がないわけではないです。もし、USBスティックを紛失、滅失、盗難されたらどうするんだ、ということは、まあ、さて置いて、ちょっとだけ調べてみました。なお、これを見て「パソコンが使われへんやないか、どないなってんねん!」という苦情はお受けしかねますので、慎重に。

何かと事前の設定がいるようです。また、暗号化に対応していないコンピュータもあるようです。グループポリシーなるもので、事前に設定しておく必要があり、素人がホイチョイとできるものではなさそうですね。

Windows 10 でデータの暗号化

データの暗号化はセキュリティとプライバシーを守る基礎的な技術の 1 つとなり、Windows 10 ではユーザーにディスクに保存している大事なデータを暗号化できる機能を提供しています。昔ながらの企業や IT プロのニーズに合わせた BitLocker に加え、Windows 8.1 に導入されたもので、一般ユーザーにも簡単に利用できる「デバイスの暗号化」の機能です。さらに、BitLocker の新しい機能として、去年 11 月に公開された Windows 10 バージョン 1511 から XTS-AES の暗号化アルゴリズムが利用できるようになりました。大企業であれ、ホーム ユーザーであれ、Windows 10 では大切なデータを暗号化することで簡単に保護できます。   では、データの暗号化はそもそも、なぜ大事なのでしょうか。大まかにいうとデータの暗号化により、PC やデバイスが手に届かない状態になってしまうときでも大事なデータの漏えいを防げます。例として紛失と盗難が一般によく取り上げられていますが、PC を破棄する場合にも役立ちます。たとえハードウェアの障害でデータが消去できなくなっていても、データが既に暗号化されていれば少しは安心できます。   ここで、Windows 10 の暗号化機能をもう少し詳しく説明します。BitLocker はもちろんのこと、多くの読者は既にご存知だと思いますが、従来の Windows 8.1 に続き、Windows 10 には「デバイスの暗号化」という、Windows 10 Home でも利用できる機能があります。 BitLocker はまず Windows Vistaで初めて導入されていたものです。毎日たくさんの企業ユーザーや IT プロが利用しているデータ暗号化技術となり、グループ ポリシーで IT 部門による一括管理が可能です。今日も愛用され、ビジネスに不可欠な暗号化技術としてこれからも Windows 10 で使い続けられます。Windows 10 では...

日本のセキュリティチーム

上から、Windows10のドライブ暗号化、そして、下が元となったWindows8.1での概要説明です。まったく新しい概念ですので「見れなくなったじゃねえか田所この野郎」と怒られても、覆水盆に返らずです。また、これを採用して、完全にセキュアになるかと言えば、USBメモリをどこに保管するか、金庫か、それとも他か。USBメモリを滅失、逸失、天災などで失った場合、データをどうしてくれるんだ、という問題もあり、まだまだ採用に至った事例を、少なくともわたくしは聞いていません。これから試される技術ですね。よーく作戦を練って、これからの物騒な世の中に備えたいと思って勉強しますです、はい。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市武庫地区を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。パソコン教室、パソコンレスキューもお気軽にお問い合わせください。