情報セキュリティ対策にシブチンになっていると、後々それを上回るおカネがかかりますよ(ScanNetSecurity/NetwingsJ)

中小企業の皆さん、如何お過ごしでしょうか、ネットウイングス田所です。さて、情報セキュリティ対策にシブチン(ケチより酷い状態)になっていると、後々どういうことが起きるのか。例えば、情報漏洩を、企業さんが起こしてしまった場合、ナンボお金がかかるのか。そういう優れた記事がありました。それを、こちらの大阪風の解釈を付けて引用いたします。よろしいでしょうか。結構かかりますよ。言いたいことは、数万円どころでは済まない、ということですよ(・∀・)ノ

セキュリティ事故が起こるといくらお金がかかるのか、JNSAが画期的資料公表/ScanNetSecurity

NPO法人「日本ネットワークセキュリティ協会」さんがまとめられた、ズバリ、な資料です。ご一読ありがとうございます。ね、ちょっとした高級車が買えるぐらいのおカネが出て行きます。特に、個人情報が漏れた、となると、さまざまな費用が発生します。数万円ではすまんですよ(笑)

この中で、耳慣れない言葉「フォレンジック調査」とは何か。ちょっと我々関西人には耳慣れない言葉ではありますね。「フォレンジック」とは「法的な」という意味だそうです。怖い話ですね。

https://www.fss.jp/about-digital/ 

あー、こわ。要は、法廷闘争などになった場合に備えて、どのパソコンやサーバーで、誰が何してどうなった結果、これだけのデータが失われて、これだけの個人情報などが出て行った証拠を集めるものでして、これは、失ったデータを復活するだけでも大変なのに、それを、法的にどうか、まとめるレポート作成のための費用だと思っておいてください。これだけでも、150万円/パソコン1台、ぐらいかかります。昔のようなミレニアム時代の、パソコンが出始めのような、のんびりした感じではないのですよ。

あー、こわ、でしょ? それだけ、個人情報を失う、情報セキュリティ対策を怠ったがためにかかる費用は、他にも発生するのです。裁判費用もかかりますよ、事と次第によってはね。何を流出させたかに依るのですが、まあ、ざっくり、企業規模にも依りますが、何千万円以上、ぐらいに思っておいてくださいね。

それに比べて、システムインテグレータに、情報セキュリティ対策を予めしてもらったほうが、後々面倒なことにならなくて済むのです。

病気になる前に、健康診断を受けるのと同じで、パソコンやサーバー、ネットワークがどないかならんように、後々、火を吹かんように、あらかじめ「保険」感覚でかけておくのです。そうすれば、大丈夫です。今からでも間に合います。どうぞ、システムインテグレータや、わたくしどもがちょろっと診るだけでも違います。アドバイスは出来ます。システムインテグレータさんでしたら、事前に見積書も取れます。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 後々火を吹いてからでは遅い ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝


ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.