日本国の国情に合わせて 事細かにはっきりと詳しく!

えー、いろんなところに言えるのですが、また、いろんな人種の方に言えるのですが、漢字かなカタカナ英語交じりの文章をメールでばーんと送られても、どうしていいのか解らず、あなたは、それで仕事を片付けた気になっているのでしょうけれど、受け取る身になってください。以前、皮肉たっぷりに「ソリューションをインプリメントするようだ」と皮肉ったことがありましたが、今回はそれ以上です。言語明瞭、意味不明瞭です。

どうやら、ソフトウェア会社さん(外資系)が、あなたがた(ネットウイングス)のコンピテンシーを取得するためにお手伝いができることがあります、といった内容だったのですが、意味があまりにも解らなかったので、電話して(笑)これはどういう意図で発信されたメールなのかが解らない、と申し上げたら、ネットウイングスそのものが、そんなにすごい成果が挙げられていないので、解らない旨をメールで返信するように、と教わって、返事待ちです。

なんだか、日本語で書かれているっちゃー書かれているんですが、ものすごい消化不良を起こしそうな文章をつっかえつっかえ読んでいると、とても疲れます。肩が凝ります。確かに、お仕事をされたのでしょうけど、意味が解らないメールをよこすことが、はっきり申し上げてお仕事なんだろうか。ここは日本国なのだから、国情に合わせて、事細かにはっきりと詳しく、何を言わんとしているのかが相手に伝わるようになってないと、どんなビジネスだのソリューションだの申されても、うまくいくのかな、という気にはなってきます。

僕がメールを打つ際は、日本語を英訳して、再度和訳してみて意図が伝わるかどうか試してみています。何度も何度も。仮に機械翻訳を使うにせよ、一回通して終わり、というのでは、あまりに片手落ちなんです。伝えるということに、もう少し熱心であってほしい。これは日系企業にも言えます。たとえば「~が不十分です」ってメールで言われたとしましょう。はて、受け取った人間は、その何とかの何が具体的にどう不十分なのか、理解しかねるんです。そういうケース、ままあります。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。近畿初のセキュリティ専業会社を立ち上げる、それが目標です。