小倉・魚町銀天街が言うんだから間違いナシ! 元祖・美味しい焼うどんの作り方(NetwingsJ)

最近では、アーケードの銀傘にちなんで、魚町銀天街と呼ぶようになったのですが、おいらの幼い頃は、西鉄北方線(路面電車)があった頃は、単に魚町商店街と言ったものです。うちでは、なんちゃって焼うどんなので、反則技として、冷凍うどんを使ったり、鉄板焼きや、野菜炒めのついでに作ったりするのですよ。

ここでは、魚町銀天街のお好み焼き屋の大将が、本格的な乾麺(干しうどん)から、小倉発祥本格元祖焼うどんを作ろうという趣旨の、6分程度の動画です。魚町銀天街制作のものです。

ネットウイングス主筆の田所も、かつて横尾さんだった頃は、小倉生まれだったりしたものですよ。生粋の小倉っ子、小倉記念病院生まれ(小倉区大字宝町:1970年生)だったりするものですよ。その後、小倉区が、小倉北区と小倉南区に再編されましたので、小倉南区の徳力公団に住んだというものですよ。

うおゼミ!「小倉焼うどんの美味しい作り方講座」

まあ、大阪では、他の干しうどんを使ってもいいですし「11分も待たれへん! 辛気臭い!」と仰る方でしたら、冷凍うどんでもいいです。鯖節じゃなくて、鰹節でいいと思います。小倉ではこの場合「中濃ソース」なんですが、なければ「とんかつソース」で代用しても可能です。お好み焼きや、たこ焼きのトッピングが残っていればそれでいいんです。お家で、野菜炒めや、鉄板焼きの野菜と肉の残りを置いておいて、焼うどんを〆にして再現してみては如何かと思うんですよ。

お好み焼き屋の大将、案外きれいな標準語だったでしょう? なぜか。それは、隣町八幡に官営八幡製鉄(新日鉄)があったもんですよ。東京都出身の方が多く出張って来たので、赴任して来た歴史がありますので、比較的、皆さんそれに合わせて、きれいな標準語を話されるというものですよ。同じ九州地方でありながら。

ちなみに僕は、どうしても夜中に焼うどんが食べたいと感じた時には、冷凍うどんをレンチンして、そのまま油を熱したフライパンに放り込み、ソースの代わりにケチャップで炒める、具なし、という超簡略化した焼うどんで空腹を満たすときがありますが、これはあくまでも邪道です(笑)

小倉生まれ、千葉育ち、故郷が兵庫県尼崎市(ほぼほぼ大阪市)という、複雑な生い立ちによる、屈折した郷土愛でお届けいたしました。北九州・小倉のソウルフード、焼うどんをご家庭でも。

個人的な意見としては、出来ましたら、大阪から飛行機で小倉へ行くことはないので、JR小倉駅の売店(出来れば新幹線口)でも、あの焼うどんセットを置いて売って欲しいものです。

このように、うどんがあれば、大阪のようにすぐにダシに入れずに、ついついソースで炒めてしまう小倉っ子の生態があったもんですよ。

ではでは(・∀・)ノ

(文:ネットウイングス執筆班 主筆 田所憲雄 拝)

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.