この国で誰かが「マネタイズ」や「フィンテック」と言い出した瞬間から、どこかがおかしくなり、軋みが生じ始めました

確かに、ここは資本主義の国であり、資本主義経済なしには語れない国です。社会の役に立って、何らかの役務を提供することで、利益を上げ、そこからお給金を頂戴する。いろいろなお仕事があってそれぞれに世話をして、世話をされて、持ちつ持たれつで成り立っているはずです。

ただ、カネがカネを生む仕組みだとかを信用していませんし、情報システムがおカネを生まないと信じているので、もう騙されないし、マイナス金利政策時代に、高利貸しからカネは借りない。というか、向こう7年は貸してくれないので、向こう7年間終えても、絶対に借りない。舌かみ切って死んだ方がマシだと。

まあね、どこがとは申し上げませんが、通信会社の中には、非常にえげつない会社もあります。お里違いの日本人がやられている会社は特にそうです。日本人のふりをしている外国人が、日系日本人の人心を乱しているのです。別に、会社を大きくすることを止めはしませんが、露骨なM&Aの原資は、わたくしたち消費者が払う、通信費であると。そこをはき違えたらいけないと、わたくしは強く思うのです。

顧客の囲い込みに失敗するのは、ひとえに顧客の満足度が低く、そして、費用対効果が良くないからでしょう。お客さんが「うん、良い買い物をした!」と手を打ち納得できるものならば、ものの形をしていなくても、それは同じことが言えるのでしょう。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市武庫地区を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。パソコン教室、パソコンレスキューもお気軽にお問い合わせください。