A4判のレーザープリンタで出した紙は、半裁の半裁にして輪ゴムで留めて、A6判のメモ用紙として再生利用するのが田所家の習わし

これは、母から教わって、現在も続けているやり方ですが、メモ帳を買うのはもったいない。けだし、コピー用紙のヤレ(印字ミス)は日々発生する。そこでどうするか。こうするのです。

半分に折って切って同じ向きにする。それを2ペア作る。輪ゴムで留められる大きさになるまでそれを繰り返す。かなりアナログ的なエコ。シュレッダーダストにもならない(丸めて捨てるから)実に合理的科学的。田所のおじいさん(田所末次郎さん)が、第二原図(ジアゾコピー)をよく使っていたからでしょうか、エンジニア一家には、こういう知恵と工夫が詰まっているのです。

ボールペンでも刺しておけば、咄嗟の電話の際にも確実にメモが出来ます。よくできた家庭に、わたしはなりたい。こういう工夫は、会社を興した将来にも役立つでしょう。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市武庫地区を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。パソコン教室、パソコンレスキューもお気軽にお問い合わせください。