これ仕事で扱ったことありますね McAfee ePoricy Orchestrator

いわゆる、マカフィーePOという略称がついている便利な法人向けソフトウェアなんです。オンプレミス環境のサーバーが1台いりましたけどね、僕が担当させてもらっていた当時は。これは何をするソフトウェアかというと、これだけを入れたサーバーを、法人ネットワークに接続します。クライアント機のマカフィー製品のアップデートを集中管理のもと、部署ごとに、あるいは全体にポリシーというものを適用することによって、部門別に計画的にセキュリティ更新ができたり、どの端末に何が入っているか一目瞭然になる、とても便利なソフトウェアです。

しかし、僕がいた職場では、300台はイントラマシンが繋がっているのですが、各々スペックにばらつきがあり、スペックが貧弱なイントラマシンを上げようとすると、その部門から「田所お前か、パソコンが重くて仕方がない」という苦情を受ける場合もままあり、思い通りには動かせなかったのですけど、いま、その会社がどれぐらいのスペックのマシンを導入しているか知りませんが、一斉更新は便利ですが、時に予告し、現場に言わないと、良いことをしたつもりが、イントラマシンの負荷を高めることになってしまい、思わぬ苦情にさらされる場合があるのです。なので、回線に余裕があること、マシンスペックに余裕があることが前提条件なんです。使いやすいですけどもね。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。兵庫県尼崎市を中心に案件に応じ、クラウド等を駆使して機動的に動く、私たちはネットウイングスです。近畿初のセキュリティ専業会社を立ち上げる、それが目標です。