MS Internet Information Services(IIS)も扱ったことがあります

その昔、プログラム受託開発会社の何でも屋さん(笑)をさせてもらったころ。職業訓練校で学びたてのIIS(WindowsNT4 Server)を構築させてもらったことがあります。今はセキュアになった、マイクロソフトさんのウェブサーバーのソフトウェアのことです。サーバーOSにバンドル(あらかじめ組み込まれて付属)しているプログラムでした。簡単なようでいて、それでいて奥が深い。セキュアに設定しようとすればなおさらです。そして、今のように、高度で安価なネットワークアプライアンス機器がありませんでした。(例えば、ソフトウェア/ハードウェア的なファイアウォールとか、そういう特定種類のポートやパケットを遮断するものがものすごく高価な頃)

そして、Wikipediaの記事にもあるように、初期のころは、プログラムがこなれていなかったのか、どこからともなくセキュリティホールを突いたような攻撃に遭い、某大阪市内の貿易商社に見に行った時に、案の定、IISにニムダが湧いていました。クライアント機もそこから感染しており、貧血を起こしそうになりました。その余りにも無防備な惨状に。卒倒しそうになりました。なので、対処療法しかできませんでした。この歳になり、今ならば、そこから何を導入し、それからデータの保護をどうすればいいのか分かりますが、西暦2000年当時、こちらは若葉マークです。最低でも「ウイルスバスターコーポレートエディション」とか「ウイルスバスターサーバーセキュリティ」などを入れた上でどうか、ということや、もっと高度な破壊防止活動ができるのですが、ううむ、残念。

今では、IISもかなりこなれたプログラムになっており、安全なのですよ。ご安心ください。設定次第で、いかようにもセキュアにできます。どうぞ皆さん、ご安全に!

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。