MP3→MP4 クラウドエンコーダー「Cripchamp」試用レポート(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 最近の MP4 エンコーダーは、ただ MP4 にエンコードするだけではなく、コンシューマー向けクラウドサービスに書き出せるようになっています。

書き出し中の図(テスト)

一応、個人の YouTube アカウントに「非公開」で書き出したと同時に、OneDrive Personal に書き出し、更にローカルのダウンロードフォルダに保存しようとしているところです。こういったことが、同時に出来ます。そうして、全部クラウドで作業を完結してから(無料版は420pですが)ダウンロードフォルダにダウンロードして来る。そういう流れになっています。

余りにも「Try Now!!」と言って来るので(英語で)「うるせえ! なんじゃいな!」と思ったら、Windows 11 に標準添付されて来た、このソフトウェアだったのです。いろいろ便利そうですし、ローカルのコンピュータに負荷をかけない点は評価出来ますが、高解像度の MP4 ファイルを書きだそうと思ったら、米ドルで(おい!)いくばくかサブスクリプションをしないといけないので、今はやめています(もしかしたら永遠に課金しないかもです)

これは、著作権者に注意しながら、限定公開する方が良さそうです。いろいろな(情報セキュリティ対策的にも、個人情報保護法的にも、プライバシー保護などの)観点からも、限定公開(URLを知っている人だけが見られる設定)にした方が良さそうです。

テストとして、1本動画を作ってみた図

まだ作り中(YouTube上で)ですが、そのうち「限定公開」で見られるようになります。(都合により、突然非公開動画にする可能性もあります)

いろんなところにシェアされてしまうのが怖いですね。それと、YouTubeに限っては、YouTube Studio(自分の動画)にシェアされてからも、設定を触る必要があります。言語を2か所「日本語」にするだとか、字幕やチャプターのオン/オフだとか、さまざまな部分を触ってあげる必要性がありそうです。また、エンコードが終わっても、アップロードが保留される(または処理中)の場合もあります。そこが難点ではあります。はい。

以上、新しいタイプの「エクスペリエンス」(米国人ってこういう言葉が好き)の中の一つのソフトウェアを試してみました。

【追記】書き出した音楽部分を無音区間(ミュート)にしました。NBC Universal の代理として著作権の申し立てがあり(プチラビッツ:なんとなくミライ)その部分だけ無音区間にしています。

ではでは(・∀・)ノ

(文責:ネットウイングス執筆班 主筆 田所憲雄 拝)

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.