[TIPS] Windows Ready Boost (HDD の 2ndキャッシュ)について

USBメモリの転送速度によって、パフォーマンスが変わってきます。これは、ほかのサイトの説明に譲ることにします。調べてみてください。せっかく内部処理が速いのに、USB1.0, 2.0 に挿していたら、そこがボトルネックということになるわけです。

うちでは、東芝USBメモリ無き後に、これを使っていたのですが(AMD E1 x64)どうやら、intel 系プロセッサと比較すると、どうも効果がないのではないか。これはあくまで私見ですが、intel 系プロセッサと Windows の組み合わせでは効果があったものの、AMD系プロセッサでは、むしろ外した方が良い? 悪い? そこをいま見極めています。

ネットウイングス 設立準備室 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。