なぜ高3(数学Ⅲ)高2(工業数理)でサインコサインや微積分をやるのか(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 田所です。一応、工業高等学校・情報技術科出ているもんで、言うんですが、なーんで高校でサインコサインや、微積分をやるのかというと、こういうことです。

主に、モーターや変圧器(インダクタンスや誘導電流などを起こす機械)を一杯使う会社では、進相コンデンサを入れてあげないと、電気もったいないし、負の電力が生まれて変電所困るよね、というわけです。何でサインコサインや、微積分を高校で学ばせるかと言うと、主に、電力を扱う職場や仕事に使うためです。

つまり、電力の力率の改善の計算のためだけに、サインコサインや微積分を学生に強いているとも言えます。

詳しくはこちら(理化工業株式会社さん)※とっても難しいですよ※

特に大電流、大電圧を扱う、コイル(モーターなど)を使う会社は必須です。逆に言うと、それ以外の業界ではあまり役に立たない、電気回路設計の主任技術者ためだけに、こういうことを普通科含めて全員習わせるわけです。

電卓叩いて「あ、何ファラドの進相コンデンサ入れないとね」という計算が出来るようになるためだけに、高校の数Ⅲとか、工業数理で、微積分やサインコサインなどを学校がさせるわけです。

また、機械工学の領域では「ギア比」を作る時とか、「ウォームギア」「歯車」を設計する時にも使います。

(国立国会図書館デジタル館アーカイブ「田所末次郎」「歯車の割出方」で検索! うちの祖父でございます)

いずれも、亡き祖父、田所末次郎著でございます(手前みそ)「三角関数」と書いてあります。

高校生の皆さん、いずれどこかで役に立つ知識を、いま得ているわけです。特に、電気電子系にお進みの方は、要チェックですぞ。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 一通りやって来た ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.