キオクシア(旧東芝メモリ)のUSBメモリ Ready Boost に採用 2台のPCに展開(NetwingsJ)

いきなり中をこじ開けて、SSD化をするわけにもいかない場合、メインメモリに関わる部分、つまり、HDDキャッシュを、Ready Boost で設けてあげると、とろくさい PC でも、スムーズに動作が出来るというものです。大きくおカネがかけられない分、こういうことで、記憶装置を補ってあげると、OS の動作がスムーズになるというものです。まあ、とにかく、動作が早くなります。

8GBが売っていないので、16GBがお手頃価格で出ていたので、モダンPCと、超中古PCの両方で展開していきました。

エラーメッセージは表示されないのですが、これがおかしくなると、振る舞いがおかしくなるのですよ。例えば、当該USBドライブのフォルダが表示されるだとか。何にも押していないのに、ですよ。そういう「エラーの前兆」を捉えて、故障を捉える。そういう事も、長年これらPCを運用していると、勘所として分かるわけですよ。

キオクシアのメモリ、使うのは初めてですが、東芝メモリ時代に8GBの使用実績があったので、信頼に足ると踏んで採用しました。

ちなみに、最初からSSDを搭載している機種は、Ready Boost の必要がないので、同機能は無効になります。あくまでも、補助記憶装置がHDDのみ、という場合に限られます。

ではでは(・∀・)ノ

【追記】2台のPCに展開してみましたっす。うち1台は、組み上げてバラしたら、二度と組みあがらないみたいな実装をしており、バラしたら、HDDを新しくしないと中身ボロボロとか、それに際してまずOSを買って来なきゃいけなくなるとか、いろいろ不都合があるのですよ(年代物のマシンだけにな)で、装着してみた結果、動作が軽くなり、いろいろと好都合になりました。(写真2点)

普段、裏側を掃除することないもんね。なので、今から化学モップで掃除しようかと考えています。白っぽい「にゅっとしたやつ」が、今回導入したUSBメモリね。それ以外は従来と一緒です。一旦資産にしたならば、これを長持ちさせなければならないので、何が何でもスムーズな動作を図らないといけないので、このような案配になっています。軽く、減価償却資産としてはペイ出来ているものばかりです。

なお、USBメモリの耐用年数(というか、使用回数)は、SDカードと一緒ぐらいです。抜き差ししなくても、電源断を1万回ぐらい繰り返すと、壊れちゃうみたいです。憶測でしかありませんが。

これが(もう何年も前に購入した)USBメモリ(摘出済み)です。よーく見ると、コネクタが曲がっていたり、キャップを失ったり、外見も内側も結構傷んでいるものです。これにデータを入れて持ち運ぶということは行ってはいないのですけどもね、安全のために(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん あまり多くおカネかけられず ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.