Uberさんとかのことを「ギグ・エコノミー」とか「ギグ・ワーカー」というらしくて(NetwingsJ)

なぜ「ギグ」なのかは良くは知らないのですが、そういった「単発案件」のお仕事を雇う側からすれば「ギグ・エコノミー」になり、雇われる側を「ギグ・ワーカー」と呼ぶらしいのです(この間の、NHK R1 NHKジャーナルで紹介されたもの)

なーんかね、超多忙や、超疲労しているお客さんだったら、使う価値がありますが、僕みたいなそんなに超多忙ではない人間は、その辺のコンビニに買いに行ったり、その辺のファストフード店まで自力で出かけることは、やぶさかではないので、チャリンコですぐなので、とても珍しい食べ物がない限り、その辺で自分で自力で済ますわー、という風に暮らしています。

でも、こういうこと書くと「お仕事上がったりだわ!」と言うギグ・ワーカーさんたちに怒られるので、止めるようなことはしませんが。阪急塚口駅前のマクドナルド前の喫煙所(タバコ屋さん)で、じーっとマクドナルドの方を観察していたのですが、あの仕事は、自転車または原付バイクで、雨の日も風の日もお仕事ね。もうね、ギグ・ワーカーさんの目が死んでいるんですよ。上目づかいのもの欲しそうな鋭い瞳でね。スマートフォンを見るわけですよ。請負単価が低いので。一旦、仕事を断っちゃうと、次回、仕事を回してもらいにくくなるなどの理由で、スマートフォン片手に仕事が入って来るのをじーっと待っている。そんな状態です。

凡例

これをね、深夜までこき使うことに、いささかのためらいを感じるわけですよ。幾ら「お得なチャンス」と言われても、こういう深夜勤までさせたくはないものです。特に寒い冬や、暑い夏ね。だったら自力で買いに行くわー、と思ってしまいがちです。チップを渡すおカネもなし、ファストフードをセットで買わなきゃなんないファミリーでもありませんからね。

恐らく米欧では「仕出し弁当」とか「宅配寿司」などの文化がない文化圏なんでしょうね。「マクドナルド買って来てやるからチップを渡せ」とか「深夜でもこき使ってもらっても一向に構わない」と仰られても「いやいやいや、それは違うだろう」となってしまいます。

もし、正常に賃金が支払われているのであれば、これは頼む気にもなりますが、それすらポイント一つで割り引かれるということに、どうも合点が行かないのです。従業員さんに罪はないのです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん これはまだ使っていません ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.