【祝20周年】記事を書くたびに、実は、おどおどしながら公開しています(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 誇れるものなんか、何にも書けなかったと思います。後から履歴を見返して、削除する記事も、実は多いのです。VSCodeや、GitHubいじっている言語の使い手さんが羨ましいです。正直、最初期(2002年)の記事なんか、Dreamweaver 3 で、HTMLをコーディングしながら書いたものなので、画像をお見せすることが憚られるぐらい、実に恥ずかしいスタートだったのです。

株式会社ヤマイチテクノ在籍中に「このままでは、世間様に出遅れる!」と思って、自己啓発のために、エンジニア的な何かを書き綴って行くようになりました。それが、2002年のことでした。

WayBackMachine による NETWINGS.JP の記事の更新具合

ちょっと細かくて見づらいですが、我慢してくださいね。2002年から2006年までの手動更新分と、2017年、Ameba Ownd導入から現在までの変更の記録です。間が抜けているのは、何故かと申しますと、ドメインを失効させて、よそ様にドメインを奪われて、その後、奪還したものです。あれは迂闊でした。

本当に、最初期の記事は、都度画像データと、テキストを入れ替えて、と言った手動更新でした。それも、お勤めしながらでしたから、ろくに更新も出来ませんでした(今でも、ろくなものは書けていないけどね)もう、お見せすることが憚られるぐらい、貧相で非力なものでした。今も非力だけどね。おカネなんか儲かったことは、少しあるけれど、ほとんど持ち出しです。今もなお、ですよ。

斉藤由貴さんの「ラッキードラゴン」と言う歌の通りに、自信がある振りをして見せてはいるものの、本当は「これ、世に出して本当に大丈夫?」と猛省しながら先へ進んでいるのです。

そんな20年間ですよ。自信があるふりをしているだけで、本当は全くございません。ホンモノの事業家ならば、とっくに何らかの事業を始めています。それが始められないのが、わたくしの無力、そのものです。

けれども、反省し終えた後は、出来るだけ前を向いて記事を書いて来ました。お天道様に照らして、間違った情報を流してはいないか。ファクトチェックがきちんと出来ているか。その記事は事実か、などを吟味しながら、恐る恐る世の中に出している、そんな感じです。真勇は怯の如し、と昔から申しますが、勇気があっても、世の中に出すのはとても恥ずかしいものです。後から見返して「あちゃー、やっちまったー!」と思って、顔を真っ赤にして、恥ずかしくなって、思わず記事を根こそぎ消去したことも、何度もあります。

こう書いて、嫌われないかな? こんなこと書いて、炎上しないかな? SNSにシェアして大丈夫かな? 中島みゆきさんの「本日、未熟者」という歌の通り、こうして優しい人をおどおどと探しているのです、と言った案配なんです、実は。

自信なんて欠片もないし、あなたに迷惑をかけるのが、きっと精一杯です。

飲んでいる胃薬(画像)

2種類の胃薬を駆使して、記事を書いているんですよ。ただでさえ、諸物価の高騰で、暮らしをするだけで、家計を考えるだけで胃が痛いんですよ。その上での記事執筆です。「じゃあ書くなよ」と言われそうですが、でも、どうしても記事の執筆はやめられません。何ででしょうかね。

……強いて言えば「生きた証」でしょうかね。ただ日記を付けてもつまらない。毎日、一歩でも多く前進したい。成長したい。認めてもらいたい。32歳から、52歳まで。次第に、年長者になって来ているので、せめて非力ながらも、誰かの背中を押せる人になりたい。そういう事情があるので、通常の日記に、少しばかり付加価値を付けているつもりです。

プチ炎上はありましたが(docomo系の記事で、SNS上で)大炎上をさせたことがありません。それだけ、つとめて注意しながら、しかも素早く、記事を書いて来たつもりですし、予め、炎上しないような受け答えの仕方などにも注意を払って、毎日のように、キーを叩いている次第です。

こんな、小心者のわたくしですが、どうか21年目も、よろしくお願いいたします。毎日、ご愛読ありがとうございます。

ではでは(・∀・)ノ

【追記】ネットウイングスの Twitter を始めてから、まる6年だそうです。フォロワーの皆様方へ、改めて感謝申し上げる次第です。さて、明日からデジタルデトックスしようかな?

パソコンのお医者さん 自信がある振りをしているだけ ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.