働く女性には、働く男性には分からない生活上の手数がかかるものです それを職場で配慮しましょう(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 眠気満タンでお送りします。酒も飲めない、タバコも吸い過ぎなので、注意します。

さて、働く女性には、働く男性には理解出来ない、分からない生活上の手数がかかるものです。例えば、どういうことかと言うと、まず、朝シャンプーして、メイクして、服を選んで、靴を選んで、家族がある人は、家族にエサ(笑)を与えないといけません。ヒールを履いて、足がにゅっとなる痛みに耐え、ようやく職場に着くのです。

帰ったら帰ったで、衣服を着かえて洗濯をし、クレンジングクリームで全部化粧を落とし、家族のエサを作り、明日の持ち物を確認する。持ち物というのも大事でして、男性のそれとは全然違います。男性が化粧直しの道具を持ち歩くでしょうか? せいぜい髭を剃って、時々床屋に行くぐらいです。一方、女性は美容室に行かなきゃなんないんです。その髪の長さ故に。

そういう、当たり前の性差を弁えない職場の管理者の方々は、もう少し女性のスケジュールを考えた方がいい。本人にとっても負担が軽くなりますし、使う側も「ああ、女性にはそういう事情があるのだな」という認識が一つでもあると、仕事の割り振りにも違いを持たせないといけませんよ。

なので、女性優遇というわけではなく、男性にはない手間を考えてあげないと、管理者失格と言われても仕方がありません。女性のメンタルを、無理やり男社会に合わせると、いずれ、遅かれ早かれ何らかの疲れ、あるいは、メンタル失調を起こしかねません。

男性の管理職にオジンから申し上げます。オジンだから言えることは「女性特有の事情をもう少し斟酌できないか」ということが言いたいのです。

では、夜も遅いですし、NHK R1 の NHKジャーナルでも聴いて寝ます。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん キャリアウーマンの母を見て育つ ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.