ネットウイングスが創業できない7つの理由(Netwings)

1)公営賃貸住宅(これからもそう)なので、土地や建物に対して根抵当権が設定できない

まあ、ザックリ言うと、自分所有の土地建物が全くないので(先代が北九州市で失敗しているので)それを担保におカネが借りられないという理由があります。

2)公的融資を受ける場合、額面の3割の自己資金がない、あるいはいま用意することが難しい

まあ、ザックリ言うと、知恵と勇気があっても、気管支喘息やマイコプラズマ肺炎などで学業に差しさわりがあったので、本来、成田西高校→東京電機大学に行く予定が立たず、ろくな会社に勤められていない上に、ボーナスなんかは、平成6年から見たことがないからです。

3)前職で働き過ぎたため(月間140時間のサービス残業で)おかしな頭痛から神経症をこじらせたため

まあ、ザックリ言うと、働かされ過ぎで、ワーカーホリックな上司についたために、不運にも、統合失調感情障害を発症し、易疲労性などがあるため、例えば、ガテン系などでガツガツと自己資金をためるという荒っぽい芸当があいにく出来ないためです。

まずは「ないカネを減らさない」ことから始めよう

4)ビジネスモデル・ビジネスプランを、まだよく理解していないため

これを怠って仮に商売人になれたとします。生き馬の目を抜く世の中、何がわが身に降りかかって来るのか分かりません。Amazonの古書で、ビジネスプラン作成の本を買っても、地元商工会議所のセミナーに通っても、僕のビジネスモデルは、果たして「ミンネで小物を作って売ります」「弁当屋やります」などのシンプルなプランで済まない可能性があるため、何年かかけて、慎重に、よーく考えないといけないため。

5)カスタマーサポートの会社を立ち上げて、そのままフェードアウトされた方を知っているため

どなたとはもう申しませんが、阪神間で、販社にならずに、カスタマーサポート・カスタマーサービスだけの会社を立ち上げておられた方を過去に知っており、ビジネスモデル通り顧客が集まらなかった(特に阪神間では、形のないものにカネが払えるか、という慣習というか、県民性があるため)それ一本で商売を立ち行かせていくには、ちょっと待てよ、という思いがあるからです。

準備もしているし、放送大学も通ったけど、まだおあずけですね

6)家庭の境遇の結果、遺憾ながら福祉で生活しており、福祉では微細な債務も任意整理ではなく、自己破産しなければならなかったため

これは、今年8月より、どんな融資でも、向後7年間は創業融資ですら受けられないことを示しており、いきおい会社員に50歳になるまでになっておかないと、50歳以上では、パート・アルバイト程度の賃金しか入って来ず、好きで福祉と年金で暮らしているわけではないのですが、思うに任せないところがあり、額面88万円でも、自己破産せざるを得ない状況に追い込まれ(某大阪市北区の就労支援A型事業所に無理やりメインバンクを変えさせられ、カードローンをつかまされたなど)繰り返しになりますが、向後7年間は、一切の融資を禁じられているわけです。

7)最低でも当方が解任するまでは、母親の負の遺産や、悪質商法から身を守るため、成年後見人の補助(一番軽いタイプ)の某司法書士さんが、わたくしについているため

神戸家庭裁判所尼崎支部から任命されたその人と、マネープランの相談や、うっかりミスで通信販売で契約してしまったものをキャンセルしていただく作業、我が家の家計を定期的に裁判所に報告する義務があるので(その方が)いきおい、借財も生命保険すら禁じる設定にしたので、どこからもいまのところ、借財をしてはいけない旨、決まっているためです。また、投機、投資もお伺いを立てないと、自由に出来ないためです。(そんな遊ばせておくおカネはないのですが)

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。