デジタル世代の上手なデジタル録音のコツ(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ オジンです(笑)千葉県から兵庫県に来た変な人です。変な人と言っても「変えて行く人」という意味で、ある意味「変な人」です(笑)

さて、高校生時代の友人から教わったことなんですが、カセットテープ世代は「録音レベル」とか「音圧」やら何やら、オーディオマニアックな趣味があったもんですよ。

だって、僕自身が、高校卒業直後にアルバイトしたお店が「第一家庭電器ダック千葉店」とか「千葉そごう 電器文化雑貨課」だったりしますので、オーディオマニアックな話を、その店頭で、お友達と、よくしたものです。

例えば、ラジオ番組風に、カセットテープにカセットデッキを使って、自力で録音するとします。これは、日本ビクターの「オーディオチェックCD」というもので教わったんですが、まず、ウインドベル。これは、デシベルメーターぎりぎりの録音レベルで録音すると、デジタル機器(当時はDAT(だっと))の厳しい試験になると、「オーディオチェックCDの中のお姉さん」が申しておりました。ですので、そういう場合は、音割れを防ぐ意味でも、少しデシベルメーター的に、録音レベルを下げてあげる必要性があります。

次いで、会話ですが、これも、アタック音は、多少大目に見て、0デシベルを少し振り切るぐらいでちょうどいい感じなんです。音圧レベル的にも、会話は多少大きめに録ることです。

一方、音楽ですが、それは「リズム隊を基準に考えること」です。ドラムや、ハイハットの音ぐらいは、元気よく0デシベルを少し振り切るぐらいでちょうどいい感じなんです。でないと、肝心のボーカルの音圧レベルが低いままでは、臨場感というものがありません。せっかくのデジタル録音ですから、ここは「べた録り」でいいんじゃないかな、と僕自身はそう思うんです。レベルオーバーを気にする余り、ダイナミックレンジ(Dレンジ)が貧弱になってはいけませんね。

あとは、よその音楽番組を聴いて、音圧レベルを脳内に叩き込むことです。お手本になるのが、本物のFM放送局とか、文化放送・超A&Gプラスとかです。放送局の録音レベルは、基本、0デシベルを越えないぐらいに、リミッターがかかっています。そういう機材があるのです。なければ、まあ、耳で録音を聴いた感じで、周囲とのバラツキがないか、それだけでいいんです。

お手本(文化放送・超A&Gプラス)

要は、どんなに暗い音楽でも、せっかくのデジタル録音なんですから、遠慮せずに、元気に明るく録る。デシベルメーターの0デシベルを、リズム隊(あるいはストリングス)中心にお考えいただき、ちょっとだけ越える感じで録る。音楽全体のピークを、0デシベルに合わせる。そういうことです。

……と、僕は思うのですが、これで間違っていたらごめんなさい。日本ビクターの「オーディオチェックCD」の教え方が悪いのです。どうかご勘弁を~。

あと、おカネがあるのなら、ヤマハのウェブキャスティング用ミキサーか何かがおススメです。これは、一見、アナログ機器に見えながら、内部的に高い周波数で、リサンプリングするので、デジタル録音におススメです。これですと、0デシベルを超えようとした段階で、リミッターがかかりますので、案外きれいに録音が出来るというものです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん オーディオ機器の店員経験者 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.