声優・松来未祐さん(故人)を蝕んだ「CAEBV」について 医学的な研究が進んでいるようです(NetwingsJ)

元々、ネットウイングスは、医学のサイトではないのです。情報技術のサイトなんですよ。でもね、7年前にこの世を難病で去られた、声優の松来未祐さんの「愛悼後」のニュースが知りたくなりまして、小さなメディアで、小さな特集をしたいと思いました。

松来未祐さん愛悼イベント 39!未祐ちゃん

http://39miyu-chan.official.jp/ 

没後から7年。CAEBV(慢性活動性EBウイルス感染症)の治療方法が、少しづつ進んでいるようです。論文も出来、検査→多剤使用による治療→骨髄移植などの療法で、まったく治らない病気ではなくなってきました。

地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪母子医療センター/血液・腫瘍科

EBウイルスそのものは、ほとんどの成人のヒトにあらかた感染しているものらしいのです。CAEBV(慢性活動性EBウイルス感染症)研究の第一人者が、東京医科歯科大学の大学院で、女の研究者さんたちが、その病に至る仕組みの解明と、それを治療するための研究にいそしんでおられます。

東京医科歯科大学 大学院歯学総合研究科 先端血液学分野

このように、世の中には、心の底から「生きたい!」と思っていても、難病に罹って生きられない人もいるのですよ。だから簡単に「死にたい!」って言うんじゃないよ。生きたくても生きられない人もいるのです。どんなに惨めな姿になっても、どんなに無様な生き方に陥っても、生きられる人は、お互いに頑張ろうぜ! というお話でした。

1970年代、気管支喘息と、アトピー性皮膚炎と、副鼻腔炎は、別々の病気だと見られていて、僕自身は「はたちまで生きられない」と言われて過ごしたものです。あれから、抗アレルギー剤の研究が進み、3つの病気を同時に治すことが出来る、免疫製剤の新薬が出来ました。ですので将来、あんな時代もあったね、と言える日が来るようになりますよ。きっとね。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 本物の医学には勝てません ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.