C#言語+Unity+独自描画エンジン=IDORY PRIDE(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ この世には、日本語で書かれている文章であっても、技術文書に至っては、一体何が書いてあるのか、専門的過ぎて理解できないものってあるもんです。

まず、かいつまんで申し上げますと、Microsoft Visual Studio にも、条件分岐などの制御をおこなうC#コンパイラと一緒に、Unity(スマートフォンゲーム用の記述言語)がライブラリ関数的に備わっています。標準のコンパイラ(アプリを作るアプリ)のオプションとして備わっています。

それでも、Qualiarts のエンジニアさんにしてみれば「遅い、描画が遅い!」と感じているらしくって、独自の描画エンジンを作って搭載しちゃったらしいのです。これで、多少無茶な、ダンサブルな動きも表現出来ますし、観客の棒人間の身長が違う、ペンライトの振り方が多少違っていても、適切に制御出来るらしいのですよ。

他にも、同じ関数の呼び出し回数を工夫して減らすことで、無駄な処理を省くことによって、高速化を図っているな、と思いました。こういうのを、うろ覚えですが「ライブラリ関数の再帰呼び出し」って言うんでしょうね。おそらく。

「IDORY PRIDE」における描画最適化術/Qualiartsさんのエンジニアブログ

ね、この世のものとは思えないほど、難しいもので出来ているでしょ? このゲームのレンダリングエンジンって。日本語で書いてあるにもかかわらず、門外漢からは、一切チンプンカンプンでした、最初から最後まで読みましたけどね。もう常人の理解の範疇を超える何かです。一種の職人芸です。

C#言語だけでは遅すぎる。Unity使ってもまだ遅い。どうすれば、IDORY PRIDEに求められるダンサブルな動きを描画できるのかに、こだわった造りになっていることには、間違いありません

ちなみに、おじさんの青春時代には、NEC N5200 model05上で動作する、いかにも'80年代っぽい、ANSI C言語(CUIのC言語)しかなかったものですよ。そういうもので中等教育を過ごしたものですよ。いま、これだけグラフィカルな制御に、C言語が使える時代が来るとは、当時はもとより、未だに信じられません。って、50歳過ぎのオジンが何昔話してるんだってことなんですが……。

【追記】

ありましたよ、Visual Studio Installer にもね、Unity ゲーム開発という項目が。書籍を読まないとサッパリなんですが。

あるこたあ、あるばってん(なぜ博多弁!?)普段使わないので、そこまでの境地に至っていませんので、今回、Unityのインストールはしません。

たかがスマートフォンゲームと侮るなかれ。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん チンプンカンプンなこともある ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.