スマートフォンにたまった画像データは、Windowsパソコンに都度インポートしています(NetwingsJ)

どうも(・∀・)ノ 今回は、スマートフォンの画像データのインポート方法についてです。

いざという時、動画を撮影するスマートフォンの容量を大幅に取っておきたいのと、パソコンで静止画編集したいので、どうしても「フォトアプリ」+「USB AtoCケーブル」+「スマートフォン」という連結技で、スマートフォン内の画像データをインポートしてあげたいのです。そうすると、スマートフォンのメモリ容量を少しでも楽にしてあげられます、というのが目的です。

凡例(Windows 11/10 フォトアプリ)※気長に待つ必要があります※

そして、インポートが終わったら、元の画像データをスマートフォンに残しますか、消しますか、というウインドウが立ち上がるので、適宜選択します。全部をパソコンにインポートしてもいいですし、一部スマホに残したい画像は、チェックを外せばいいだけの話です。

この手順で、指定したフォルダ(ディレクトリ)に、スマートフォンの画像データが半自動でインポート出来るわけですよ。そうすると、スマホが楽になります。

その際、気を付けることは、パソコンの作業ドライブ(C:ドライブなど)の残り容量を気を付けないと、パソコンが動かなくなる恐れがあります。

パソコンの画像データがいっぱいになったなら、これは、外部のUSBにつないだ、外付けのハードディスクに退避してあげてください。

なるべくでしたら、例えば、2022年6月分の画像データならば、フォルダ(ディレクトリ)の名前を、「2022-06」とかに名付けてあげると、月別になり、画像データを外付けハードディスクに移す際の目安になります。古いフォルダは外付けハードディスクに移動します。

月が変わる前に、次の月のフォルダ(ディレクトリ)を、ピクチャフォルダ内に新規作成しておきます。そうすると、後から探す際に「あれー? 5月の写真どこへ行ったのかな?」という迷いが少なくなります。

つまり、アーカイブ写真集として、USB外付けハードディスクに入れておけば、某バッファローの「おもいでばこ」などを、いちいち買わなくても、普通のウエスタンデジタル社かどこかの外付けハードディスクに入れておけば、後からパソコンで見返せる、という寸法なんです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 画像データはスマホに貯めない ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.