auの通信障害「データ通信を中心として」徐々に復旧しました(NetwingsJ)

そもそも、どうしてこうなったかというと、お休みの日に、業務用ルーターという、インターネットのパケットに、あっち行け、こっち行け、と命じる役割の箱状の装置を、古い物から、新しい物に取り替えました。しかも、ルーティングテーブル(経路情報)まで異なるものに書き換えました。ルーターを取り替えたのはいいものの、ルーターの中身の設定を間違えたんでしょうね。そして、しばらくしたら、サーバーがなんかエラーを吐いた、ということに、休日出勤の職員さんがちょっと遅れて気づきました。それならばと、もう一度、古いルーターに切り戻そう、とした頃には、顧客用データベースサーバー(お客さんの誰が電話をかけて来たの? ということを問い合わせる顧客台帳)へ異状信号を余計に発信したために、メインのVoLTE(ボルテ)サーバーまでこけかけたので、フロー制御(通信パケットの流量制限)を行ってもダメだったのです。繋がりにくい、あるいは、全く繋がらなかったのは、このためです。そして、根本原因の完全な究明や、完全な復旧作業には、エンジニアみんなが出勤する、月曜日を待たなきゃいけなくなった、それまで、auを使って電話が出来なくなった、ということです。つまり、ザックリ言えば、ルーターを新品に替えたら、設定を間違えていたので、auの電話が出来なくなった、ということです。

au(KDDI)プレスリリース (2022年7月3日 午前11時00分現在の状況)

どうやら、沖縄県(沖縄セルラー電話)をはじめとする西日本エリアから順次復旧しました、とのことです。

どの携帯電話会社でも、LTE回線の中でも、データ用と音声用に優先順位的に区別していますが、LTE回線の中でも、特別に通信帯域を割り当てられたVoIP(ボイプ)電話機能(ここの場合、VoLTE(ボルテ))という、道で例えると「音声専用レーン」は、まだあまり回復していなかったと見ました。また、東日本エリアでの回復は、予定より遅れていたようです。

どうやら、台風4号迫る西日本中心に、アメダス観測地点からのデータ収集のために、そちらを優先したものと思われます。(どうやら、総務省あたりが、そのようにKDDIに指示したとか指示しないだとか、小耳に挟んだんです?)

ともあれ、見通しが立たないよりは、復旧の見通しが立ってまだしも良かったです。

【追記】

復旧した現在、根本原因が、ある程度分かって来ました。全国の、auのVoLTEのセンターの中心は、東京か神奈川の多摩地区にあり、そこの職員さんが、サーバーではなく、ルーターのリプレイス作業を行った結果、設定が間違っており、急遽もとに戻しましたが、auのシステムって、呼(こ:呼び出しや通話のこと)が発生していなくても、センターと通信するために、センターに電話をかけて呼び出すのと同じ状態になりました。そこで、センターに40分間隔で再接続をしようとした端末からの呼び出しによって、まず最初の輻輳(混雑)が起き、それから立て続けに輻輳が広がり、全国規模になったというあらましでした。もともと、ちゃんと設定されたルーターを置いていれば、繋ぎ変えてもこういうことは起きず、ルーターの設定ミスで影響が全国に波及したそうですよ。

また、その後に分かったのですが、どうやら、いらないデータ通信は、管理用データベースへも幾度となく信号が送られており、これは、想定外な事態でして、余計にVoLTE(ボルテ)サーバーに負荷がかかるなどしたため、復旧と原因究明により時間を要したようですね。

ITmedia NEWS 「au通信障害で起きた“負のスパイラル”」

……ちゃんと、ルーターが設定できる人にやってもらってください。全国的な大迷惑です。

ではでは(・∀・)ノ

【追記の追記】

日経クロステックさんの記事の方が、より詳しいです(下記リンク先)

パソコンのお医者さん 他社携帯で良かったです ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.