人間のすることですから「ベスト」は尽くせても「パーフェクト」ってなかなか出来ません(NetwingsJ)

プログラミング、情報ネットワーク、情報セキュリティ、そしてブログの執筆。人間のすることですから、例え「ベスト」は尽くせても「パーフェクト」ってなかなか出来ません。電子回路設計だって、機械設計だってそうです。パソコンの修理だってそう。わたくしは仕事として、それら全部をやって来ました。毎日がエンドレスで、終わりのないトライ&エラーの繰り返しです。この記事でさえ、かれこれ5~6回は校正しているのです。

  • いらすとや/完璧主義者のイラスト

もともと、完璧ではないものに、完璧さを求めると、それを実現出来ない他人や自分自身にまずイライラしますし、そんなお話を仮に他人に吹っ掛けたとしたら、非常にお互いに気まずい雰囲気になり、お互いに不機嫌になりますよ。だって、人間だもの(笑)情動で動く動物ですから。

この記事だって、トップページにはこのように書いておきました。ある種の免責事項のつもりです。

(なお、掲載情報につきましては、細心の注意をはらって掲載しておりますが、その内容を保証するものではありませんので、予めご了承ください)そう書いてあるのに読まない方が悪い、とエンドレスで喧嘩が止まらなくなるか、いずれか一方が、ぐっと堪忍して、辛抱することになりますよ。

この世の中に、完璧なもの、ひと、ことなんてありませんよ。何かしらのトライ&エラーがあるから、人は教訓から学べることもあるし、日々進化していこうという、次からは気をつけます、ということにもなるんです。それを「お前、完璧ではないやないか、どないしてくれんねん!」とイライラ怒ったって、しょうがないことです。ミスは誰にでもあります。

コンピューターだって、年々複雑化しています。特に、プログラムのソースコードがそれに当たります。大昔のように、紙テープ(鑽孔テープ)の8ビットだけを読んで「ふむふむ、ここを直そう」では済まされない世の中になって来ていますので。そんなの「バビル2世」のコンピューターに囲まれた「バビルの塔に住んでいる住人」ではもうありませんので。

もし、完璧に近い人がいるのなら、例えば、ゴルフ場に出かければ、毎回ホール・イン・ワンをするでしょうし、野球なら、バッターボックスに立てば、毎回ホームランを繰り出す打者になっていることでしょう。

プログラミングの世界でも、まったく瑕疵のない製品が出来ないからこそ、後からパッチ当てを出来るようにしておくとか、エラーや脆弱性が後から修正できるように、あらかじめ作っておくのです。

おわかりか? ヒューマンエラー対策は出来ても、完璧にヒューマンエラーをなくすことなんて、出来っ子ないのです。……ということを、主に過去の元上司に向かってツバを吐いたつもりです。あー、スッキリ(笑)

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 中年の主張 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝


ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.