冬場の寝室の室温は、高血圧にならないよう18℃~22℃をオススメします(NetwingsJ)

危うく、違う原因で救急病院行きでしたよ。良いアドバイスをいただいてホッとしています。

教訓:冬場の寝室の室温は、18℃~22℃をオススメします。

こういうことがありました。今日(11月16日)の午後8時、急に胸苦しさを覚えて血圧を測ったら、上が157の、下が106、脈拍87でした。横になることも出来ないので、あらゆる病院さんに電話をかけました。

市立伊丹病院・西宮市立中央病院・近畿中央病院に電話をし、高血圧で胸苦しいんだが、という相談をしたところ、3軒目の近畿中央病院の看護師さんから良いアドバイスをもらい、「部屋を暖めて、ご自身も温かい格好でいることです、こたつにうつ伏せでも構いませんから」とのことで、高血圧で胸苦しい症状は取れて来ました。その看護師さんは「この時期、お年寄りでも高血圧で来る人が多いので、そういうアドバイスを差し上げているんですよ」とのこと、しばらく様子を見ます。

電力の節減のし過ぎでも体調は崩すものです。いま、6畳間の暖房と加湿器フル回転で部屋を暖めています。多分、何事もなく良くなって行くでしょう。

それまで、寝室の室温が15℃と低かった所為もあるのでしょう。室温を上げた途端、血圧が急に下がって来ました。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 節電はほどほどに ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.