【日本語】同じ「きく」でもいっぱいあって……(NetwingsJ)

よく、FEP(日本語かな漢字変換)で、間違われるのは、きいたり、たずねたりすることを、日本語ではみんな「きく」なんですよ。これは、英語に直しておくと理解できる言葉です。

  • 例を挙げるとこんな感じです。

hearは「聞く」
listenは「聴く」
askは「訊く」
usefulは「利く」
effectiveは「効く」

……とまあ、気を付けないと、同じ「きく」にも5種類の意味があるのですねー。

  • また、間違われやすい漢字の例として「あし」や「手のパーツ」があるのです。

legは「脚」

footは「足」

armは「腕」

handは「手」

……とまあ、こんな具合にです。紛らわしいことこの上ないです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 今日は何だか元気ない ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.