Microsoft Azure マスコットキャラクター「クラウディア窓辺」(MSDN)

まあ、MSDN(マイクロソフト・デベロッパーズ・ネットワーク)要は、開発者向けのコンテンツなんです。クラウドコンピューティングに携わる人向けの、技術解説。でも、技術資料だけでは味気ない。そこで「クラウディア窓辺さん」の出番ですよ。柔らかい発想は好きですよ。現に、同業他社のGMOクラウドさんにも「CoNoHaちゃん」(CV:上坂すみれ)がおり、クラウドコンピューティングの、そこはかとない味気無さを補って、親しみやすいものにしてあるのです。

これ、Azureって書いて、アジュールって読みます。アズールと読む人もいます。僕の予想だと、だいたい半々ぐらいです。欧米の概念で「青色・紺色」をあらわす一般名詞で、「そら」から転じて、空は青空の場合は青いので、青空には雲があるよね。雲は英語でクラウドだよね。まあ、そういうことです。このように、イラスト付き解説を通じて、分かりやすくしよう。そういう意図で、二次元キャラクターの登場なんです。おたくを喜ばせるのは本意ではないかもです。真意は「マイクロソフトのクラウド、使ってね!」というやさしさだと思うのです。僕ですか? 僕は、とうにおたくは捨てた(笑)おたく呼ばわりされると、面接官相手でもキレてしまいそうになります。何をぬかすと。オレはとうの昔におたく要素は捨てた。馬鹿野郎、こっちは仕事でやってるんだ! と叫びたくもなります。オレはノーマルだ! と言いたい。

話が脱線しましたが(笑)今では、Office2016 (Office365 Business) を払うので精一杯なところがあって、Azureまで手が回らない。本当に、情けないパートナーです。それに、ベンダーフリーでいたいので、GMOクラウドさんも応援しなきゃなんない難しさがあります。技術のキャッチアップよりも、いまは健康回復と財政再建。そして、知識の涵養。羽化する前の、たまごの状態ですね。

今夜、ゆっくりこのコンテンツを拝見して、死なない程度に頑張りたいと思います。はい。

【追記】クラウドをデプロイするとは、要は、クラウドを展開するという意味だと思います、確か。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。私たちはネットウイングスです。