なぜ営利企業が、その会社独自のスマホアプリを使わせたがるのか、その理由は「顧客の囲い込み」目的なんです(NetwingsJ)

あのー「顧客の囲い込み」という、マーケティングのために、専用アプリを作ってまでも、顧客を投網で一網打尽したいがために、IT技術が不得意な会社までもが、専用アプリを作るのです。

「海老で鯛を釣る」という昔の人が言った言葉がありました。それの「海老」が、今では「ポイント付与」という訳ですよ。なーんか、営業さんが考えそうな発想です。

「独自のソフトウェア作るおカネがないよー」という、会社・団体・個人は、どうしても「LINEアカウントによる顧客の囲い込み」をこぞってやるわけです。なぜなら、カネずるになるからね(苦笑)だから、オジンはそういうSNSは危険だと本能が知らせるので、あまり積極的ではありません。

加えて、ホームページを見に行くよりも、まさに「ダイレクトマーケティング」になるからです。お客さんは、いつもスマートフォンを携帯していますし、何より、パソコンを扱うよりも、IT素人が覚えやすく、操作しやすい点も挙げられます。アプリをダウンロードさせた方が勝ち、ダウンロードされた側は負けなんです、おカネ的に。テレビのCM打つよりは、スマホアプリの方が、常連客を捕まえて離さない、比較的安価で済む、という特徴があるから、こぞって大企業の商人たちは、そのようにアプリを勧めるのです。こういうものを「BtoCマーケティング」(ビジネスから個人へアプローチするという意味です)と言います。

一方で、スマホアプリから撤退する企業は、作っても無意味だった。だったら、運用コストがかかりますので、いっそ不採算事業は止めてしまえ、と考えるに至るのです。そうやって自社アプリから撤退した企業を何社か知っています。どことは申しませんが(苦笑)

オジンは、そんなマーケティングには簡単には乗っかりません。よほど、有利な条件を提示してくれないと、おカネ取られ損になりかねないからです。

♫私みんな気づいてしまった しあわせ芝居の舞台裏~♫ とでも、鼻歌を歌いたくなりますよ(笑)

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん マーケティング論を勉強した ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.