伯父の会社で使っていた、名前入り日付印 書類の回覧に使っていました(サンビー プチコールPRO)

期待されていたのか、期待されていなくてもくれたのか、ちょっと分かりませんが、平成3年入社時には、サンビー プチコールを手渡されました。社長さん、なんでシャチハタだけじゃダメなんですか? とは怖くてよう訊けなんだ(笑)この場合、主に、新聞雑誌、業界紙の回覧に「読みましたよ」というしるしに、まずなります。次に、図面類にこのハンコを付く場合もありました。そして、まだ電子化がそんなに進んでいない、グループウェアもなかった時代、どうしてたかというと、いわゆるお役所で言うところの「決済を回す」会社で言うところの「稟議書を回す」場合にも使われていました。なぜなら「書類の起案者が、いつこの書類を書いたの?」と気になる重役さんがおられたみたいですね。そして、宅配便をいつ受け取ったか、伝票に付く場合も確かあったような気がします。

こういうのです(上記画像)使い方は、ほぼほぼシャチハタと一緒です。ただ、時が経ちすぎて、インクはカリッカリに枯れているんですけどもね。なお、これは二代目です。自分で「これは良い」と思って作り直したという記憶がうすぼんやりとあります。グループウェアの画面内でハンコも日時も記録できる現在では、これが必ず必要か、というと、グループウェアでも稟議書にハンコ押す機能ありますからね。どうでしょうか。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。