情報システム対応のため ご退位の1か月前2019年4月1日から新元号発表(共同通信社)

え、それってエイプリルフールの日じゃね? と一瞬思ったのですが、ここはそもそも日本国です。新元号対応は、既に Windows 10 では出来ていて、ちょっとすぐに記事がどこにあるのか思い出せないのですが、もうレジストリは準備が出来ています。ただ、Windows 7, 8 で対応が出来ているかどうかは、ちょっと分かりません。あ、分かりました。もう今年の4月中に Null 値のレジストリが準備済みです。さすがは抜け目がないですね。(Microsoft Tech Net Blog)

Windows 10 機能更新プログラム (2018 Spring Release) における元号のレジストリ更新について

皆様こんにちは。 今春リリース予定の Windows 10 の機能更新プログラムでは、新しい元号となる 2019 年 5 月に先立ち、各元号の期間を保持しているレジストリが更新される予定です。新しい元号の名称はまだ公表されていませんので、レジストリにはプレースホルダーとして仮の名称が設定された形となります。 レジストリの更新は、新元号が追加されることに伴う問題をより早い段階で発見し、来る 2019 年 5 月に問題が発生することを未然に防ぐことを目的にリリースされます。Windows 10 Insider Preview での先行公開を経て、既存のアプリケーションやシステムへの影響も検討した上で、このタイミングでリリースされることが決定されました。   更新されるレジストリの設定は以下のとおりです。   [HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlNlsCalendarsJapaneseEras] "1868 01 01"="明治_明_Meiji_M" "1912 07 30"="大正_大_Taisho_T" "1926 12 25"="昭和_昭_Showa_S" "1989 01 08"="平成_平_Heisei_H" "2019 05 01"="??_?_??????_?"     レジストリが更新されることで想定されるコントロールや API への影響は、次のようなものが考えられます。   2019 年 5 月以降の日付を表す和暦の文字列がプレースホルダーに置き換わる可能性があります。例えば、"2020/10/10" は "??2年10月10日" になります。カレンダー コントロールや、.NET Framework 4 以降はこの変更の影響を受けます。 2019...

Japan New Era Name Support Blog

なお、Windows 10 になっておられない方は、どこかでタダで配られている以前のアップデートを、DVD-ROM か何かに焼いていただき、そこからオンラインでアップデートをかけていただくと、新元号対応のシステムに、比較的簡単になります。ちょっとすぐにはどこかは分かりませんが。

この辺のどこかか、あるいは「Windows 2018 Update ISO イメージ」ぐらいで検索していただければ、たぶんほかのサイトのどこかに書いてあると思います。

たぶん、開発ツールの Visual Studio ぐらいはかなーり影響を受けるんじゃないのかな、とは容易に想像がつきます。特に、和暦を扱うシステムだとかが、かなーり影響を受けます。

【追記】(下記画像)確かに確かに。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、コンピュータは快適でありたい。正直、情報技術はへち難しくて訳が解らない。そんなお困りごとを解決します。私たちはネットウイングスです。