歯科で「咬合性外傷」ということでした ほかの歯の損傷もありましたが

要は、歯がきっちり生えそろっていないがために、力の集中によって、歯がぐらついてくる。そういうことも、加齢や何かで起きてくるとのこと。その力の集中を逃すためには、歯を食いしばった時に、歯が折れるわけにもいかないので、自分から根っこで曲がる。そうやって力を逃すらしいです。

そこで、噛み合わせを直す。調整する。ほかの歯に力を分散させる。そういうことです。さすがに、二度も歯科医院に行くと疲れるものですね。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。