CS(カスタマーサービス)を始めたそもそもの理由(NetwingsJ)

18歳の時に、PC98と一太郎をセットアップしてあげた時のことです。よそ様のパソコンを触るのは、とても緊張しましたが、喜んでもらえて良かったです。これは、1988年の夏、千葉市中央区でのことでした。バッチファイル1個作るだけが仕事だったんですけどもね。

あれから、家の事情で、兵庫県尼崎市に来て、知らない街で「ダメ、ダメ!」と会社の上司に言われて凹み、転職した印刷会社が倒産し、情報技術者に返り咲こうとしたものの、ホワイト企業を身体の不調(精神面)でアタマくらくらして辞めて、次に行った会社がブラック企業で「定時になったらタイムカードを押すように」から「タイムカードを廃止しました」という風になり、どこまでも仕事をこなした結果、おかしな頭痛から「統合失調感情障害」になり、現在に至ります。

大阪の老人に「お前んとこのパソコン、めいで(故障して)もうたやないか、どないしてくれんねん!」と行く先々で怒鳴られて、上司の無理解もあり(放置されて)自律神経失調症→神経症→統合失調感情障害になって現在に至ります。

そもそも、何でCS(カスタマーサービス)をしようと思ったのは「ありがとうね!」の一言が欲しいだけだったんです。

それ以来、ど素人を相手にすると、神経を害する。ど素人を相手にすると、自損事故まで相手の所為にしやがる。良く考えてください。レスキューに来たJAF(日本自動車連盟)のレッカー車に対して、果たして文句を言いますか? 相手の神経メタメタにするまで罵倒し倒しますか? よーく考えてください。

まあ、ろくでもない企業でした。いや、いまむしろ、いま難治性の疾患になったおかげで、公費で暮らす自由を得られているのです。おかずやごはんに事欠く有様ではあるけどもね。

お年寄り、特に戦中派は、高い要求に、低い対価を払い、決して他人を褒めるようなことはしませんよ。その子供たち、団塊ジュニアも、同じことが言えます(上司となった人間がそのように考えてしまう)そうして、歴史は繰り返し、ということが起きます。

なので、どんな小さいことでも「ありがとう」を言ってもらえると嬉しいし、押し売り以外には、僕は必ず「ありがとう」というようにしています。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 踏まれて強い草の根の ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.