メルカリ株急降下 少し心配ですね(MONEY PLUS)

初値高騰から急降下、「メルカリ」株価の適正水準は?

6月19日に東証マザーズに上場したメルカリ(証券コード4385)は、株式市場の期待を一身に集め、上場直後に株価が急騰しました。一時、公募価格(3,000円)の2倍の6,000円まで株価が上がりました。ところが、その後は売られ、7月5日には4,290円まで下がりました。 メルカリは株式市場の期待に応えられるでしょうか。言い換えるならば、日本発の高成長IT企業になれるでしょうか。 IT強者に必要な2つの条件 米国には、フェイスブック、グーグル、アマゾン、ネットフリックスなど高成長IT企業が多数あります。中国にも、アリババ、テンセントなどのIT企業が高い成長を示しています。その共通点は、次の2つの条件を満たしていることです。 (1)ITインフラを支配している (2)マネタイズができている マネタイズとは、「利益を上げる」という意味です。アマゾンは当初、ITインフラを支配していても、マネタイズが十分でありませんでした。今は、両方ともできています。 日本には(1)も(2)も中途半端な企業ばかりで、米国のようなIT強者がいません。 たとえばLINE(3938)は、日本の無料会話アプリで圧倒的な地位を占めています。つまり、条件(1)を満たしているといえます。ところが、それを生かしたマネタイズが十分にできていません。スタンプやゲームで利益を上げているほか、さまざまなITサービスを立ち上げてマネタイズの努力をしていますが、十分な成果があがっていません。 フェイスブックと比べると、収益力の差は歴然としています。フェイスブックは、利用者のプライベート情報を大量に保有していることを活用して、効果的なターゲット広告を打つことができます。そのため、ネット広告で圧倒的な力を持ち、広告で利益を成長させています。 これに対し、LINEは無料会話アプリを支配しているだけで、フェイスブックほど詳細な個人情報を入手することができません。したがって、ITインフラを支配していても、十分なマネタイズができていないのです。 メルカリの連結業績を分析する そうした中、メルカリは日本発の高成長IT企業になる期待を受けつつ、華々しく上場を果たしました。

MONEY PLUS | くらしの経済メディア

ここでは 1)ちゃんとマネタイズができていて 2)IT基盤も堅牢である、という2点を併せ持つ会社が、日本ではどっちかどっちか、あるいはどっちも出来ていない企業が多いそうです。

適正価格に落ち着くまで、メルカリ株はどうかなあ(苦笑)まあ、皆様にお任せしますけどね、投資の判断は。面白い会社だとは思うんですが。フリーマーケットのスマホ版、いけると思うんだけどなあ。証券会社にご相談下さい。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。