ソフトウェアって、減価償却費扱いでしたっけ? 日本国の場合について教えてくださいと、ChatGPTに訊いた結果(NetwingsJ)

あれ? ソフトウェアって、企業では減価償却費扱いだっけ? おじさんわかんなーい(笑)と悩んだ結果、恐る恐るChatGPTで質問した結果がこれです。

ソフトウェアって、減価償却費扱いでしたっけ? 日本国の場合について教えてください。

ChatGPT

はい、ソフトウェアは一般的に減価償却費の対象とされます。日本の会計基準に基づいて、ソフトウェアの購入や開発にかかる費用は、減価償却費として扱われることが一般的です。

日本の会計基準では、ソフトウェアは無形固定資産に分類されます。無形固定資産は、その資産が企業に将来的な経済的利益をもたらすと期待される場合に、その価値が長期間にわたって分配または減損されると考えられる場合に減価償却されます。

ソフトウェアの減価償却には、通常は直線法が適用されます。この方法では、ソフトウェアの取得費用をその使用可能期間に均等に割り当て、毎年同額の減価償却費を計上します。減価償却期間は、通常は3年以上とされますが、ソフトウェアの性質や企業の判断によって異なる場合もあります。

ただし、会計基準は変更される場合がありますし、企業ごとに会計処理の方法や判断が異なる場合もありますので、具体的なケースにおいては専門家や公認会計士の助言を受けることをおすすめします。

……だそうですよ。おじさん、納得しました。ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん ソフトウェアは減価償却費扱い ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.