「水滞」が原因で起こる頭痛には、五苓散とカロナール錠(バファリンでも可)で治って来ました(NetwingsJ)

まあ、五苓散は、お腹が水でぽちょぽちょしている人向けで、脚などにむくみがあり、頭痛、大小便の不調、糖尿病がある人の諸症状改善に役立つとされています。個人的な感想としては、今までの頭痛には、シオノギSG配合顆粒を多用していましたが、あれってくせになりやすく、習慣性になってしまって、腎臓を傷めるなどの悪循環に陥るので、あれはやめたほうがいいと主治医が言うんです。

そして「頭痛に、五苓散とカロナールが効きますよ?」と主治医に申し上げたら「SG配合顆粒を卒業出来たね、おめでとう!」というようなお顔で喜んでおられました。

お腹に余分な水が溜まっているということは、頭の中にも水が多めに溜まっており、腸の中にも余分な水が溜まっているために、水がよどんでしまう。排泄されない状態になると。僕は、医師でも薬剤師でもありませんが、10年以上に及ぶ、この忌まわしい頭痛との闘いにおいて得た経験則なわけですよ。症状や原因は、人それぞれです。男性と女性の性差でも痛みの原因は異なるでしょう。詳しくはお医者さんや、薬剤師さんとまずかかりつけ医として仲良くし、コミュニケーションを取った上で、症状の改善を目指して行きましょうね。繰り返します、僕は医師でも薬剤師でもないんです。

  • 五苓散とカロナールを併用する図

なお、僕の場合は、男性ということもあり、女性器から来る生理痛的なロキソプロフェン(ロキソニン)を使わないと、頭まで痛くなる症状は体験していませんので、推測するに過ぎません。

このように、水滞(すいたい)から来る頭痛は、僕のケースでは「五苓散とカロナールで済んだ」というわけなんです。それ以来、シオノギSG配合顆粒いらずです。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 医学薬学は門外漢 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.