何かとつらい時「ひまわりさん 9」を見て和んでいます

まず、必要なものは、こちらから出向いて買うので、押し売りは(メールとも)いらんですよ。サイトのお引越しとか、実際のお引越しとか、さまざまな現在の不安とか期待にどぎまぎしながらも、毎日を過ごします。日本銀行券が出ていくのが怖くなりました。日本円が出ていくのも怖いです。

そんなつらい日常の中でも、何の一点の曇りもない、どこにもいやらしい要素が見当たらない、そんな爽やかな漫画があります。ひまわりさん/菅野マナミさんです。9巻になりました。百合漫画というようないやらしい要素はないのですが、生きていて楽しい、という物語に、時折ほっと致します。

手放しに楽しかった、あの頃を思い出しているのでしょう。気を張り過ぎるから。気を遣い過ぎるから。会計電卓相手にわたくしは何と戦っているんだろうという疲れ。ひとり、急にポツンと取り残された時の、何とも言えない、伴侶のないさみしさ。親が身勝手だったので、何も残しはしなかった。そんな甲斐性がない口惜しさ。そして、体力がついていかないもどかしさ、などなど。

現実のそういったモヤモヤを、一掃して、浄化してくれるかのような漫画です。げらげら笑うような漫画でもなく、かといって下品な漫画では決してなく、現代社会に生きる、大和撫子ここにあり! というような、ユーモラスかつ凛とした物語です。疲れた時に、ここに帰って来られるという安心感があります。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。