夏休みの自由研究(ってもう遅いか)には「スクラッチ」というお子様向けのプログラミング環境がございます(技術評論社)

むかし、LOGOという、一匹の亀さんをどう画面で動かすか、そういった MSX/MSX2 向けのカートリッジがありました。それに似た感じで、かつカラフルで高機能なものが出ております。「スクラッチ」というプログラミング環境(とは言え、これは児童の思考力を高めるものなので、本職から言わせれば、プログラミング環境とは言い難いのですが)があります。

ちょっと大型本なので、お値段お高めなんですが、一種の「知育玩具を買う」と思えば、親にしてみたら、こんなに安いものはありません。親じゃないけどね(笑)相手に対して、受精すらさせていないよ(笑)まあ、わたくしのことはどうでもいいんですが。

スクラッチのダウンロードの方法は、下記に書いてあります。適宜「保護者の方へ」「学校関係者・学習塾の方へ」というところは、あなたの職域に応じて押してください。

また、このホームページ(スクラッチのHowTO)が載っているホームページのトップはこちらです。

なんと、とことん究めれば、ロボットだって何だって動かせる。まさしくこれもIoTです。大昔、親が買ってくれた科学玩具「つないで遊べるテクノロジーカプセル」みたいな商品がありました。あれは、物理的に電池とかモーターとか、電球とか、歯車とか、いろいろな電池で動くものを好きにつないで遊ぶ知育玩具だったのですが。(そういうものが昭和50年代にあったのです)

今回の「スクラッチ」は、やろうと思えば場所を選ばない。そして、Do~While 文(ループ命令文)まで出来ちゃう。しかも、日本語で(ダウンロードする場所を選びますが一応日本語対応です)出来ちゃう。ちょっとした制御ですよ、これは。大昔「Smalltalk」という言語がありましたが、その着想を下敷きに作られた「スクラッチ」なので、たとえインターネットに必ずしも繋がっていなくてもお使いいただけます。

パソコン・インターネットは善用しましょう。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。