電気とガスの契約を見直してみました(関電ガス、関西電力、大阪ガス/NetwingsJ)

あのね、なんだか毎月の生活が何となく苦しいな。いつもと違うな、と思ったら、なんと、関電ガス(関西電力の電気とガスセット)では、燃料費調整額(燃料費調整単価)が、国際情勢により、青天井で上がって行っていました。その点、普通の人が契約する電気「従量電灯A」に変えて、関電ガスからガスを抜き、大阪ガス単独の契約に戻したところ、なんと、お安くなったんです。特に電気が。

そうすると、燃料費調整単価が、従量電灯Aの年額では、約4,300円予め払うんですが、このご時世、買って来る燃料単価も上がって来ていますし、ガスタービン機関を回転させるLNGだって高い輸入品なんです。そこで、世界情勢のままに上がって行く「なっとくでんき」プランでは、この燃料費調整単価が青天井ですので、どこまでも値上がりします。

なら、いっそ、一般家庭のように、電気は関西電力の「従量電灯A」、ガスは大阪ガスの一般契約に戻した方が、世界情勢の影響を受けにくいので、お得かな、と考え、11月からは完全にそのようにプランを変更することに決めました。

たまには、おうちの電気、ガスプランが、時代に即してお得かどうかを、専門家に訊いてみることも、大事なんじゃないかな? と思い、筆を執らせていただいた次第です。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 節電節ガスはプランの見直しから ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.