米国マイクロソフトもいい加減商売がえげつない(NetwingsJ)

あのね、6月末の、Microsoft 365 Apps for businessの解約時に、間違えて、他のApps for businessの年間契約(月払い契約)を別アカウントで申し込んでしまったらしいです。昨日、マイクロソフト365の解約電話窓口で「もう1アカウント生きているようですよ」と言われたので、既に忘れていたもう一つのアカウントのメールアドレスを思い出して、メールを取ったのが昨日(10月6日)ですよ。「このライセンスは今から解約できますか?」と訊いたのですが、お姉さんの返事は「キャンセル期間を過ぎましたので、もう無理です」「では、来年6月まででこのライセンスは解約してくださいね」「分かりました、確実に来年6月までで解約できるようにします」で落ち着いたかに見えたんですけどもね?

とは言え、この、来年6月まで続くサブスクリプションも、そのままにしておくと勿体ないですし、とは言え、専用のヘルプデスクが、平気で長時間お待たせするところなので、アカウントを復活して、再びサインインできるようにしようとすることも、時間的制約と、既に、オープンソースソフトウェアのOfficeがインストールされているので、一つのパソコンの中で競合します。なので難しいと思います。

おカネがこの先1年かかりつづけるのも勿体ないし、申し込み時のホームページには、年間契約などという文言は一切書いてありませんでした。月極、月額払いで直ぐに解約できるものと思って疑いませんでした。

そんな米国マイクロソフトからも、いい加減、お商売的に汚いメールが続々と届きます。今度は、使え、使えと言って来る。これ、矛盾してなくないですか? アカウントを使えないようにしておきながら、設定画面にサインインしろと言って来る。だからサインインが出来ないと言っている。よって、ソフトウェアが使えずにいるのです。

  • マイクロソフトの汚い商売と、横着な英文メールの一例

上記メールの件名をご覧ください。まるで迷惑メールですよ。買ったんだからすぐ使え。お前は、既に買う契約をしたのだから、すぐ払え。もう一度支払えるようにしろ、などなどです。

そして、日本国政府がなぜインボイス制度を導入したがるのか、合点が行きました。なぜなら、アメリカ合衆国がすべてインボイス発行をしているからです。アメリカ合衆国の植民地となろうとしている我が国は、アメリカ合衆国さんの言いなりになろうとしているから、急にインボイス制度を導入しようとしているのです。

なので、米国マイクロソフトもいい加減商売が汚い。カネ払え、今すぐにだ。そこに、義理人情や、他人の都合なんかお構いなしなんですよ。さあ払え、今すぐ払えと言って来る。あのねえ、僕はよそ様からおカネを盗んで来る訳にはいかないんですよ。おカネをくすねて来る訳にはいかないんですよ。

こちらは、既にオープンソースソフトウェアに舵を切っているにもかかわらず、です。だから世界中から憎まれるんですよ、米国マイクロソフト。日本人に買って欲しくば、日本語でメールをよこしなさい。何が「paying again」(もう一度払えるようにしろ)だよ。感じ悪い。うるさいよ。

ではでは(・∀・)ノ アメリカ合衆国もたいがい感じ悪いですよ。

パソコンのお医者さん アメリカ企業もカネに汚い ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.