ネットウイングス Archives www2.netwings.jp

学校へ行きたくない君へ 僕の場合(NetwingsJ)

梱包材代わりに、朝日新聞と神戸新聞を買いました。定期購読しなくても、コンビニで買ったほうが経済的です。まだ箱の中身を埋めるには少し足りないけど、中古PCだからまあいいか。本題。ここで、朝日新聞が「学校へ行きたくない君へ」という記事を一面に載せていたので、それならばと一筆啓上申し上げた次第です。

まず、中学3年のとき、高校受験で千葉県立成田西高校(厳密に言えば、後に新設校になる千葉県立富里高校)を受験しました。普通科です。大学に行かない・行けない人にとっては手に職がつかない学校です。そこで、当時小児喘息持ちだった僕は、保健室受験をしました。そこで、喘息の大発作を起こして、親父が車でネブライザー(コンプレッサー式)を持ち込んで、僕に吸わせる姿を見た試験監督官が「ああ、こりゃダメですね」「試験の続行は無理そうですね」というものだから、まず、中学浪人しました。15の春ってやつですよ。

翌年、誰かのクラスメイトの後輩になるぐらいなら、全県区の学校を目指そうとして、全日制の千葉県立千葉工業高校を受験して、教頭先生の「僕の熱意を訊く面接」を経て合格しました。当時、まだ医学がそんなに進んでいなくて、喘息は気合が足りないからなるものだ。根性なしがなる病気だ、という認識であり、アレルゲンとかアレル物質とかいう認知度が足りない時代でした(昭和62年)

そこで、忘れもしない情報技術科の和田というバーコードハゲの教師に理由もなくみんなの前で授業中に説教され怒鳴られ不登校になり、体育科の岡野という教師が、僕が重責性気管支肺炎で入院しているというのに、頑として体育の単位を認めなかったので、やむを得ず千葉県立の通信制高校普通科に転入学しました。神経が、当時から参っていたのでしょうね。通信制高校では、落ちこぼれ扱いされ、教師の態度も冷淡なものでした。こちらも冷淡で「この勉強オタクが偉そうに」と内心思っていたのですが。

むしろ、家電量販店や百貨店でバイトしている方が、健康に良いし、おカネにもなったし、楽しいし気晴らしになるし、親の助けにもなるので、いいかな、という理由で千葉県立の通信制高校はそんなに授業に出ませんでした。なぜなら、普通科の授業にあまり興味がなかったからです。勉強オタクが考えるような学問よりも、ちょっと難しい言葉になりますが「実学」(社会に出てから役立つ、いわゆる手に職を付ける学問)の方が面白かったからです。

そして、兵庫県に転居して、帰郷したわけですが、やはり、学歴コンプレックスというのは、少しはあったので、どうしたかというと、兵庫県立の通信制高校(神戸市長田区)に働きながら通ったのです。全日制がダメならば、定時制・通信制高校でも、単位が取れればこっちのもの。阪神大震災の年とその翌年を神戸市長田区に通いました。座屈した神戸市立西市民病院も見ました。神戸高速鉄道が落っこちて路盤が陥没した大開通(大開駅)も見ました。4年次は学級委員長も務めました。

それから、しばらく経って、ポリテクセンター兵庫(尼崎市)で情報技術の学び戻しと、放送大学兵庫学習センター(西宮市甲子園・武庫川女子大学別館(当時)の学習センター)で「ベンチャー企業論」の単位を取りました。9単位だけですけどもね。それでも、今役立てば、手に職がつけば、コンプレックスなんかどこかへ吹き飛びますよ。むしろ「やってやったぜ!」という、親の力を借りずにここまで出来たし、この先もどこまでも「実学」を勉強するつもりです。

男の子ならば、体が資本なので、元気があれば何でも出来ます。女の子ならば、好みのもの、美しいもの、楽しいこと、きれいなものを追い求めていれば、何らかの道が開けて、専門学校なんかにも行けちゃうかもしれません。服飾アパレル系の専門学校という手もありますね。

結論として、全日制の高校は、まず「勉強オタクが教えるところ」ですので、社会的に成功し、そんな痛みがわからない、理解なんかしてくれない。つまり「おとなは分かっちゃくんない」のです。だから、そんなのに負けて亡くなるぐらいなら、高校・大学ならば、定時制・通信制高校・大学だってあるのです。後で幾らでも取り返しが付くし、根気が身に付きます。強くなれます。

道はいくらでもあるし、生きるためのやり方は人の数だけあるんだから、気を落とさずに、休みたい時に休み、働ける時に働ければ、それはそれでいいんじゃないのかな。おっさんはそう思います。やりたいことだけを選んでやってきたら、いつの間にか、コンピュータやITをどうにでも出来る職人になりました。道は一つだけじゃないんだよ。社会に出て会社勤めをして学校の勉強が役に立つシーンは時々しかありません。特に普通科の勉強は、あれは根性を試すための根気勝負を世間一般に知らしめるためだけのものです。

マイホームの幻想も、マイカーの幻想も、サラリーマンになれば一生安泰という幻想も、すべて昭和時代の産物です。生きる君へ。おっさんは何度も死にたくなる気持ちを我慢して、また、周囲にヘルプを求めて助けてもらって来ました。何歳までに、何をしなければならないという昭和の高度経済成長期の幻想を捨てて、好きなことをして暮らしましょう。銭儲けしましょう。幸せに暮らせて、やりがいが見いだせれば、犯罪以外何やったっていいんです。他人に迷惑をかけずに、お天道様の下を堂々と生きていきましょう。学校はつまらない。その気持ち、わかります。

あなたは教えてくれた 小さな物語でも 自分の人生の中では 誰もがみな主人公 時折思い出の中で あなたは支えてください 私の人生の中では 私が主人公だと

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

http://www2.netwings.jp/posts/4759587

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。