工業高校1年生 ラオックスで FD/2D のフロッピーに夢中(NetwingsJ)

僕の工業高校時代は、まだPC-98とか、その互換機とか、X68000とか、富士通FM7とかいう時代でして、せいぜい出ていて i80386 CPU 程度で、まあ、のーんびりとした時代ですよ。コンピュータウイルス、なにそれ? ていうぐらい、のどかで、閉じた環境でしたね。

昭和62年当時のラオックス千葉店・東寺山店には、こういうものが平気で売っており、1箱2,000円ぐらいしましたでしょうか。なんかね、フロッピーをサクサクとフォーマットしていくあのドライブの動作音が今では懐かしくもいとおしく感じています。

今では、もうFDDが本体に付いているようなパソコンを使っていても、ヘッドを洗うすべがないのでコネクタで切ってありますけどね。ウイルスチェックの邪魔になるので。変な時にシッピングしますんで。切ってあるんですけどもね。

それで、FORTRAN77とか、COBOL80とか、ANSI C(日本電気)とか。コンパイラ、リンカ(仮想アドレスを実メモリに割り当てるソフト)とか使ってましたね。N5200 Model05 の、PTOSというOSでですね。初めて自分のフロッピーを持った時の感動は、何とも言えないものでした。

そんなおっちゃんの、むかしばなし。おやすみなさい。

ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス Netwings.JP

毎日使うものだから、パソコンは安全・快適でありたい。特に、インターネットセキュリティは専門用語ばかり。ここ、ネットウイングスでは、そんなお困りごとを、易しい解説付きで解決へのお手伝いを致します。