HWiNFO64のメモリ部分の見方と深読み(NetwingsJ)

どうもです(・∀・)ノ これはどういうことか、ということが分かって来ました!

これ(HWiNFO64) ダウンロードサイト

これは、メーカー名と、サイズ、メモリ用クロック周波数、ECC(デジタルチェックサム)OFF。そして、お店で買う時の通称(タイプ)が書かれています。

もっと深読みすると、こうなります(マウスクリックで拡大、下スクロールで元に戻す)

まず、左欄の「平均アクティブクロック」が、何MHz動作か、を見ます。それは、真ん中の欄の周波数に反映されています。そこで、倍率が12倍と出ていますので、掛け算しますと、今の動作周波数が分かります。真ん中の赤線部分と、下のクロック欄で1200MHzと出ています。1333MHzで動作していないということになります。それは、設定にもよりますし、負荷にもよります。つまり、hpのコンピュータは、安全を見て、長持ちするように、敢えて1333MHz動作しなくて、マザーボードやBIOSの段階で1200MHz動作に抑えてあるということが言えます。

また、うんと古いパソコンにも言えます。(WIndows 10 pro)

この場合、200MHz=倍率2倍ですんで、メモリのクロック周波数は、その2倍になります。遅めに設定してあるんですね、マザーボードやBIOSの段階でそう設定されているようです。

分周の反対のことが行われているらしいですね。メモリのクロック周波数に関しては。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん よいお年をお迎えください ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.