阪神大震災28年 その時取材者は NHKアナウンサー住田功一さんの場合(NHK神戸/NetwingsJ)

僕自身、神戸市ではなかったので、瓦礫の中から人を救助するとか、炊き出しをもらうとか、体育館に避難するとかはなかったんですが、市営住宅がその後全壊判定を受けて建て替えられました。

神戸市東灘区深江本町~芦屋市境で、阪神高速3号神戸線の高架が落ちている現場から取材を行った、住田功一アナウンサー(神戸市灘区が実家)の当時の映像と、現在の住田功一さん(NHKを退局)の様子を集めた映像がありましたので、謹んで掲載させていただきます。

1.17動画アーカイブス/その時 取材者は

住田功一さん、お若いでしょ? あれから28年。僕は当時25歳でした。尼崎市南部に向かう道の、山陽新幹線の高架が地面に落ちている状況で、尼崎市営バス(当時)も迂回して走る始末。未使用の灯油用ポリタンク(これに水を入れて運ぶのです)18リットル×2を求めに、はるばる阪急京都線の長岡天神駅の金物屋さんに行って、阪急京都線長岡天神駅のホームで水を汲んで帰って来た時のこと。区分地図で、近所の浄水場を探して、チャリンコで伊丹市の千僧浄水場まで往復したあの日のこと。

いろいろ思い出させますが、お洒落なハイカラタウンが灰燼に帰したあの日のことを思うと……。

ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 神戸が灰燼に帰したあの日 ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.