何でもかんでも生成AIにすればいいというものではないし、諸手を挙げて賛成という訳でもありません(NetwingsJ)

確かに、トレンドの動向はある程度知っておく必要はあるのですが(職業柄)しかしながら、何でもかんでも生成AIにすればいいというものではないし、諸手を挙げて賛成という訳でもありません。

Certainly, it is necessary to be aware of trends to some extent (due to my profession), but this does not mean that everything should be generative AI, nor do I unanimously agree with it.

僕自身、使っているAIと言えば、翻訳ツール「DeepL」だけしか使っておらず、それ以外の必要性をあまり感じていないのです。「DeepL」は手軽に和文英訳、英文和訳が出来るので、それ以外の人工知能というか、生成AIは、あまり好きじゃないし、そういう人工知能は、好んで使っていないのです。

The only AI I myself use is the translation tool "DeepL", and I don't really feel the need for anything else. Since "DeepL" can easily translate Japanese to English and English to Japanese, I don't really like other artificial intelligence, or rather, generative AI, and I don't prefer to use such artificial intelligence.

いままさに、生成AIや人工知能が人間の仕事を奪っているのなら、それは働く人に対して不幸なことだし、許してはいけないことだと思います。ある日、僕のTwitterに生成AIに対する苦情を言いに来た、どこかの国の外国人さんがおられて、余りに毒を吐くものだから、その言葉の汚さに、Twitter自身がその文言を伏せるような感じで表示しませんでした。生成AIの記事を一つ取り上げただけで、口汚く罵られた経験があったのです。

If AI or artificial intelligence is taking away human jobs right now, it is unfortunate for the workers and should not be allowed to happen. One day, there was a foreigner from some country who came to my Twitter account to complain about generative AI, and because he was spewing so much venom, Twitter itself did not display his words, as if it was trying to hide them. I had the experience of being verbally abused for just one article on Generation AI.

なので、何度も言うように、僕は生成AIや人工知能に対して、諸手を挙げて賛成ということは絶対になく、むしろ、その振る舞いに対して、常に疑いを持って接していると言ってもいいです。

So, as I have said many times, I am never in favor of generative AI or artificial intelligence with all hands, but rather, I can say that I am always suspicious of its behavior.


ではでは(・∀・)ノ

パソコンのお医者さん 生成AIや人工知能を信じていない ネットウイングス 代表 田所憲雄 拝

ネットウイングス

どうも(・∀・)ノ 兵庫県尼崎市のネットウイングスです。パソコンのお医者さんとして、「インターネットで愉しむ」と同時に「情報技術者同士の緩やかな連帯感の醸成」にもこだわっています。

このページに掲載された記事の名称や内容は、各社の商標または登録商標です。意匠権も同様です。また、ページ内でご紹介している記事、ソフトウェア、バージョン、URL等は、各ページの発行時点のものであり、その後、古くなったり、変更されている場合があります。

The names and content of the articles on this page are the trademarks or registered trademarks of the respective companies. The same applies to design rights. The articles, software, versions, URLs, etc. referred to in the pages are current at the time of publication of each page and may have since become outdated or changed.